Aboout me 当ウェブサイト『闇へ..』の著者について。

Gen

当ウェブサイト「闇へ..」と著者について。

はじめまして、映画好きのGenと言います。映画がとても好きでほぼ毎日のように映画を鑑賞しています。基本的にはジャンルを問わず色々な映画を見ますが、特に好きなジャンルは「クライムアクション・サスペンス・ホラー」です。当ブログのコンセプトは「映画レビュー」です。もちろん筆者自身が実際に映画を完全に閲覧し ” 感想・評価・レビュー ” を書いています。よくある他の映画レビューブログのような所謂 ” ねたばれ ” などというアホっぽいコンテンツは基本ありません。あなたがそのような ” ねたばれ ” を求めているならば、私が書いたレビューから、本筋を推測するしか方法はないかと思います。また、ただ単にだらだらと ” 映画の粗筋 ” などを書いても何の意味もないので、そのような内容も基本ありません。 但し、その映画の事をまったく知らない方もいると思うので、さらっとは粗筋を説明はしています。レビューはあくまでも「独自の目線と視点」で書くようにしています。
あなたがあ映画に興味をもっているなら、その映画を実際に鑑賞する前の参考… あるいは、あなたが映画を見たいが、どの映画を見ればいいのか迷っているのなら、当サイトが少しでもお役にたてば幸いです。

私が映画に目覚めるきっかけ。

私は実は、元々「映画」にはあまり興味がない人間でした。それは性格上の理由もあります。根本的に気が短い性格の私は、1時間半から2時間強もある映画というものを、そのストーリー(物語)を順を追って鑑賞するということが、なんか..とても抵抗感があり、映画を見るということはほとんどしませんでした。つまり、時間をかけて楽しむのではなく、見た瞬間に「面白い」と感じれるものでなくては興味が沸かなったのです。 しかし、それはある日を境に「映画に目覚める」という瞬間がありました。

その映画は、それまでなんとなくですが、目にしていたある映画です。それはスリラー映画ですが、その映画は私に明らかなインパクトを残しました。映画の内容自体も非常に強烈な内容だったのですが、それ以上に.. 「映画というものは、こんなにも面白いものなんだ」ということを私に教えてくれたような気がします。 私はその映画をきっかけに、次々と映画を見まくりました。 そんな映画を楽しむ醍醐味を味わった私は、より多くの人に「面白い映画」というものを伝えたいという気持ちが強くなっていったのです。それがこのウェブサイト立ち上げの理由です。

但し評価基準も人それぞれですし、個人により主観が違います。あくまでもご参考にして下ればと思います。 映画というものは「大きな感動を生んだり、切なかったり…ときにはエキサイティングだったりスリリングだったり..」その受け止め方や感想はその映画により様々です。より多くの映画を鑑賞して楽しみ、またそれらを一人でも多くの映画ファンの方と共有していくのが、当ウェブサイト「闇へ..」の目的でもあります。

当ウェブサイトの所在地や連絡先はこちらをご覧ください。

お問合せはこちらから

Latest Articles