パーフェクト・ゲッタウェイ/ミラ・ジョヴォヴィッチ主演ミステリーサスペンス映画(原題:A Perfect Getaway)評価・レビュー・感想

パーフェクト・ゲッタウェイ/ミラ・ジョヴォヴィッチ主演ミステリーサスペンス映画(原題:A Perfect Getaway)評価・レビュー・感想

パーフェクト・ゲッタウェイ

この中に犯人はいる。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演、サスペンスミステリー映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年:アメリカ)
監督: デヴィッド・トゥーヒー 出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ, ティモシー・オリファント, キエレ・サンチェス, スティーヴ・ザーン, マーリー・シェルトン

スティーブ・ザーン ディモシー・オリファント ミラ・ジョヴォヴィッチ キエレ・サンチェス
 スティーブ・ザーン
(クリフ)
 ディモシー・オリファント
(ニック)
 ミラ・ジョヴォヴィッチ
(シドニー)
 キエレ・サンチェス
(ジーナ)

[ad#kiji_top]

パーフェクト・ゲッタウェイ:管理人の評価

5star_big 5star-2

review-170x70

誰も信じてはいけない。何も見逃してはいけない。

そう、オフィシャルサイトには書いてある.. またそのキャッチコピーの下の大まかな詳細には「あなたは必ず騙される。」そうも書かれています。

この映画は、何も知らないで見たほうが断然いい。それがほんの少しの予備知識であっても。 そうは言っても、このブログ記事を読んだら、同じ結果になるかもしれないが…でも もちろんネタはばらしません。

登場するカップルは3組。

自分は、この映画のことは、完全に全く知らない状態でこの映画を見ました。確かにその触れこみどおり、後半に一気に急展開する内容は相当斬新なものです。

ハワイを観光に訪れていた3組のカップル。その中の一組のカップルは、最近この島でカップルばかりを狙う殺〇事件が多発しているという情報(ニュース)を耳にする。

 

パーフェクト・ゲッタウェイの大まかなあらすじ:私はすっかり騙されましたこの映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」に。

パーフェクト・ゲッタウェイ

自分達がハネムーンを満喫しているこの島で、残忍な事件.. そしてその犯人は、今もこの島にいるという恐怖感。” 誰もいない、逃げようがない ”(まあ、逃げようと思えば、逃げれるかもしれないが)
このカップルは、島道を車で走らせているとき、他のカップルと途中で遭遇します、この二組のカップル.. それぞれ 挙動が凄く怪しさ満点です。何ともその怪しい挙動から二人のカップルは事件との関連性を疑いはじめることになる… ここからこの映画の伏線が始まります。
この時点で大抵の人は騙されると思います。自分は騙されたというよりも、いつもの間隔でこの後、いつか犯人が正体を露わにし、正体を知られたことにより、牙を剥き出してきて・・・というお決まりのような展開を只管期待して見ていました。実際にはこの映画は、そんな単純なものではありませんでした。

だから。。この映画の「あなたは必ず騙される」という触れこみどおり、確かに筆者もこの”オチ ”には騙されたのかもしれない。。でも、コレ。このフレーズを先に聞いていたら必ず騙されるというよりも、むしろ騙されないでしょう。意外な方を探すに決まっているのですから。

[ad#kiji_midstream]

何も知らないで見たほうが断然面白い映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」

パーフェクト・ゲッタウェイ
これは何回も言うように、誰かのレビューとかではなく、この映画の公式サイトの情報でさえもまったく「見ない・聞かない」という前提の話であって、少しでもなんらかの情報を得てしまった場合。よっぽど単純か純粋な人でない限り騙されることはほぼないはずです。

「ある程度知っている」あるいは「まったくもってどんな映画なのか知らない」これによってこの映画を面白さは倍くらい違ってくるはずです。

そう考えるとこの映画の触れこみ自体、余計なものに感じてしまうが・・・

「あなたは必ず騙される」ということからして既に、「以外な人物が犯人である・・」 そう言っているようなもので、そういう概念を最初からもって見てしまったんでは、この映画の魅力は相当半減してまうだろうに・・・・そう思わらずを得ない。

あなたが少しでもこの映画のことを知っているのであれば、一旦頭も痴呆症にでもかかったかのように、全てクリアーにしてから見るといい(余計なことは考えずに)

そうでないと、「いったいコイツらの中で、以外な犯人って誰なんだ…」という気持ちばかり先攻してしまい、その憶測で頭がいっぱいになるはず。

でもそれはそれで、そんな思いで映画を見るのも、別に悪くはないかもしれないが・・

しかし、この映画。その伏線が実は、大きなミスリードであるということが最大のポイントであり、注目すべき点ではある。しかし、そこがこの映画を最大限面白くしている要因になっているのか?というと案外そうでもないような気がします。

あまり細かく分析してもしょうがないって言えば、確かにそうかもしれないが、「この中の誰がいったい真犯人なのか?」 最初からそういう前提で見ていれば、そのように見ることが出来るし、前述したように何も知らないで見た場合、「なんだ、実はそうだったんだ」と思うだけで終わる話ともいえます。

ただ、ひとつ言えることは、映画後半で、状況が急展開してからの描写が少々雑な感じを受けました。ここは非常に残念。その目まぐるしい急展開は大いにウェルカムだが、もうちょっと工夫があったほうが良かったかと。

監督 デヴィッド・トゥーヒー
脚本 デヴィッド・トゥーヒー
製作 ライアン・カヴァノー
マーク・キャントン
タッカー・トゥーリー
ロビー・ブレナー

シドニーミラ・ジョヴォヴィッチ本田貴子
クリフスティーヴ・ザーン落合弘治
ジーナキエレ・サンチェス斎藤恵理
ニックティモシー・オリファント咲野俊介
クレオマーリー・シェルトン杉本ゆう
ケイルクリス・ヘムズワース志村知幸
引用:ウィキペディア

「パーフェクト・ゲッタウェイ」参考動画
 
 [ad#kiji_botttom]