ボーンアイデンティティー 映画

『ボーンアイデンティティー』動画オンデマンドサイト『U-NEXT』で配信中。
(※この情報は2017年11月12日現在のものです、U-NEXTには配信期間というものが定められています。映画タイトルが実際に配信中であるかどうかは必ずU-NEXTにてご確認くださいますようお願いいたします)

ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー(原題:The Bourne Identity)
マット・ディモン主演|CIAから命を狙われた元暗殺者。
2002年アメリカ
ジェイソン・ボーン:マットディモン
マリー・クルーツ:フランカ・ポテンテ
アレクサンダー・コンクリン

ボーンアイデンティティー:ストーリー
銃で撃たれて負傷した男がマルセイユ沖で漁船に救助された。男は記憶を失っており、手がかりは皮膚の下に埋め込まれていたスイス・チューリッヒの銀行口座を示すマイクロカプセルのみ。男はスイスへ向かう。
CIAの『トレッド・ストーン(踏み石)計画』による工作員が、某国の政治家ウォンボシの暗殺に失敗し、連絡が途絶えた。ウォンボシがマスコミにCIAの暴露本を発表すると発言したことで、CIAは証拠隠滅に動きだした。記憶喪失の男はスイスへ到着したが、夜の町で警官二人から職務質問を受ける。男は自分でも気付かないうちにドイツ語で受け答えし、警棒を突きつけた警官たちを反射的に叩きのめしてしまい、そのまま逃走する。その後、マイクロカプセルが示した銀行の貸し金庫を引き出すが、その中身は、パリ在住の「ジェイソン・ボーン」という名前が記されたアメリカ合衆国パスポートをはじめとして、彼の写真が貼り付けられた多数の偽造パスポート、複数の通貨からなる大量の札束、そして拳銃だった。引用元:ウィキペディア

U-NEXT無料お試しトライアルに入会して
映画「ボーンアイデンティティー」を無料で楽しむ!

今ならU-NEXT無料トライアルに登録で、今すぐにでも「ボーンアイデンティティー」がご鑑賞できます。
しかも無料トライアルに入会すると”初回入会時に600ポイント”がもらえ、他の新作も同時に無料視聴可能。

「ボーンアイデンティティー」レビュー

ジェイソン・ボーンが過去の自分を悟ったとき。

CIAの工作員に「ジェイソン・ボーン」は、命を狙われた。某国の政治家ヴォンボシの暗殺に失敗した彼は、口封じのために命を狙われることなった。

 この映画はマルセイユ沖で漁船に助けられたところから始まります。彼は、そのときほとんど記憶はない「記憶喪失」という状態でした。 記憶をほとんど失った彼は、自分が誰なのか.. 今までどのような行いをしてきたのかまるで覚えていない、そんなジレンマと戦いながらも、彼は薄々「自分は只者ではないのでは…」ということに薄っすらと気づき始めていきます。

 この映画は、前半がとてもスリリングな展開で物語りは進んでいきます。ボーンは、今自分が置かれている立場、それが明確に分かったとき、 ” CIA ” から送られてくる暗殺者に立ち向かうことを決めた。 映像を見ると、彼(ボーン)の身体能力は凄いものがあります。
それはCIAで鍛え抜かれたこそある強靭な肉体なのかもしれないが。 彼は皮膚に埋め込まれていたマイクロチップを元に、自分は「CIAの暗殺者」だったことを知ります。 記憶が戻らなくも、彼の洞察力や判断力、相手を一瞬で薙ぎ倒す技と技術などは、元のまま健在でした。

 筆者はこの「ボーン。アイデンティティー」で、元々は仲間だったはずの組織(人間)から「命を狙われる・追われるという」アメリカ政府の中央情報局CIAという機関の、厳しくも冷酷なやり方にとても複雑な心境を感じながらこの映画を鑑賞しました。 彼(ボーン)を取り囲み命を狙ってくる人間は複数いるが、もちろんボーンはひとり。 この映画のいいところは、彼には ” 仲間がいない一匹オオカミ ” だというところです。 ボーンはある場所で居合わせたひとりの女性とその後の行動を共にすることになります。

 

逃亡を続けるボーンの心の中の葛藤。

 ボーンの記憶喪失。そしてボーンの素性。それらをすべて知った彼女(マリー)は、臆することもなくボーンの見方につきます。 一匹オオカミでCIAと戦うボーンには、このとき ” 良きパートナー ” ができました。 追随してくるCIAの容赦しない攻撃を交わしながら行きずりのパートナー(マリー)と共にしていく。 この部分は、この映画「ボーンアイデンティティー」をグッと面白くしている大きな要因のひとつです。 「いつか殺されるかもしれない・いつ攻撃をしかけてくるかもしれない・どこでどのような危険が待っているか分からない」このような緊迫した心理状態を、一人の男と行きずりの女性が互いに共有しながら、逃亡を続けていく。

 ふたりの心の中の葛藤の変化が、この映画ではよく表現されていいます。 但し、ボーンは逃亡続けるだけではありません、彼には銃を持って攻撃してくる相手を倒す「能力と力」があります。それは映画のなかにふんだんに盛りこまれた「アクションシーン」の中にあります。 ボーンは肉体の強さだけでなく、銃さばき、そして確実に相手を仕留める銃の腕前、元CIAで鍛え抜かれたボーンは確かに強靭な男です。 でもこの映画では、そんな彼の強靭的な部分はあまり強調していません。 これは大変いいことです。 この物語の中で彼の置かれた立場(設定)では、彼は暗殺される運命を背負ってしまった男です。 不運な宿命を背負った男はどんなに強くても、どこか寂し気でなければいけません。つまり強い男には女の支えが必要だったということです。

 ボーンは映画の中では、良きパートナーであるマリーには決して優しくばかりはしていませんが、それは当然のことです。 「生きるか死ぬか」の瀬戸際に立たされた男には、もう世の中の常識など通用しません。彼が海で遭難してから行き着いたフランスの地、そこはもうボーンにとっては戦場です。 以前は仲間だったと言えども、多くの敵を迎えてしまったボーンに残されたただひとつの道は、「殺るか、殺られるか」ただそれだけなのです。

自分の過去を顧みずにCIAに立ち向かうジェイソン・ボーン

 この映画で、貴方は非常によくできた物語り構成にプラスして、最高のカーアクションを見ることになるでしょう。 カーアクションを最高と言ってしまえば、他にも類似したものがあるかもしれませんが、例えば「ワイルドスピード」など、しかし筆者が言っている最高のカーアクションというのは、そんな安易な意味の最高ではありません。孤独な状況に陥ってしまった一人の男スパイが、自分の命を守るためにもっているエネルギーをすべて吐き出していきます。

 この映画でのカーアクションは、彼が「生き抜く」という強い想いが派手なアークションシーンとして再現されています。 アメリカCIAというあまりにも巨大な相手に、たったひとりで立ち向かうという一見ン無謀と言えるこの映画構成こそが、この映画の一番の軸であり魅力的なところです。

 ボーンは自分の命を守るためには、相手を葬り去るしか方法がありません。一旦記憶をなくし、ある意味過去の人生をすべて捨ててしまったような状況に追いこまれたボーンが、過去の記憶をふっ飛ばし、勇敢にCIAと戦う姿は貴方にとってとても貴重な時間と価値を与えてくれるかと思います。

「ボーンアイデンティティー」トレーラー動画

『U-NEXT』は、圧倒的な動画配信数を誇るビデオオンデマンドサイトです。
その数、120,000本超。

今ならU-NEXTにて『ボーンシリーズ全5作配信中』
最新作「ジェイソン・ボーン」以外は、すべて ” 無料 ”

『ボーンアイデンティティー』を ” U-NEXT ” で今すぐ視聴しよう。

U-NEXT 今なら、ビデオ見放題

「31日間無料お試しトライアル実施中」

あなたがこの間にキャンセルした場合実質0円です。

但しこの無料トライアル期間が終了すると、月額1990円(税抜き)の料金がかかります。でもU-NEXでは2か月目以降での”毎月1200ポイント”の付与があります。このポイントは1P=1円です。つまり1200円分を利用して有料コンテンツを楽しむことが可能になります。

U-NEXTとは。
ビデオオンデマンド<U-NEXT>は「映画・ドラマ・アニメ」などの動画が ” 最新作から名作 ” まで80,000本以上を配信している今人気の「映画・ドラマ配信サービス。PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐに楽しめる新しいエンターテイメントサービスです。最新映画はレンタル同時配信、地上波テレビドラマを追っかけ配信、更には海外・韓流ドラマ・アニメも充実。
今ならビデオ見放題が31日間無料。
しかも雑誌45誌以上が読み放題。
さらに最新作などが楽しめるU-NEXTポイント500円分もプレゼント。
※ビデオとスマホで音楽放送1000ch以上が楽しめるプランもあります。

数々の映画配信サービスを入会(利用)してきて、自分に最も適している映画配信サービス..

それは『U-NEXT』だと、私は確信しました。

 私はアナタと同じように、非常に『映画好きであり、そして映画マニアです』私は、この自分にとって一番の娯楽であり、日々の楽しみでもある ” 映画鑑賞 ” というものを、最もコストをかけずに最適な方法で且つ沢山の映画を楽しむ方法はないかと.. 長い間模索し、そしてあらゆる映画配信サービスサイトに入会してきました。

 でも結果的に考えてみると、どのメディアも ” 一長一短 ” があり、一概に「この映画配信サービスが一番いい」と断言できるものではないということが分かりました。映画配信サービスの中には「Hulu、ツタヤディスカス、dtv、他」など、本当に数々のメディアが存在しています。
アナタはそんな数々のメディアの中で『どのサービスに入会したらいいのか、さぞかし迷っているのかもしれません』

 しかし、これらの「映画配信サービスサイト」のほとんどは、一部のコンテンツが有料になっています。 基本的なアピールポイントは『ある一定の金額を支払えば ” 見放題 ”』 という部分ですが、アナタが見たい映画を見つけたとき、その都度視聴料金を支払う必要があります。

 つまり、表面上の各映画配信サービスサイトの基本的料金を見て判断しても、アナタが実際に入会した後..(アナタが見たい映画を見つけたとき)に追加で支払った料金を含めて考えると、どの「映画配信サービスサイト」が一番自分に適しているのか判断するのは ” 非常に困難であり、難しい ” のです。

 更に言うならば、単純に映画好きとはいってもその個人々によって ” 今すぐに観たいと思っている映画は当然異なるはずです ” 

このサイトには今観たい映画はあるが、こっちのサイトにはない.. しかも料金体系が複雑で比較検討しずらいという事態が発生してしまいます。

でも、本当に自分に適した「映画配信サービス」は、実際に利用してみないと分かりません

その理由としてひとつ挙げられるのは『サーバレスポンス』です。安易に料金が安いという理由で判断してしまうと ” バッファリングの発生 ” という問題が絡んでくる可能性があります。

※バッファリングとは:
バッファリングとは、映像の再生開始前に、数秒から数分の映像データを予めアナタのパソコンの中に溜め込んでおく技術のことを言います。「映画配信サービス」の中にはダウンロード可能なコンテンツが含まれている場合もありますが、多くの場合はその場で映画やドラマを再生して鑑賞するのではないかと思います。

 このバッファリングという現象は、アナタのパソコンの処理能力も影響してきますが、インターネット上の映像ファイルの再生にはインターネット回線の通信速度も関連するため、その映画(映像)を配信している企業の背後にあるサーバ環境も大きく影響してきます。このサーバ環境が弱い場合は、これが影響して動画再生がスムーズに行かない場合があります。

しかも、これらは実際に入会して、利用してみないと分からない部分です。

また、前述したように「個人々観たい映画は異なります」更に映画配信サービスサイトは定期的に新しく配信開始する映画を定期的に更新しています。アナタがどのサイトに入会したとしても、ある程度そのサイトを利用し、追加料金がどれくらいかかったのか? こうなってくると個人々大きな差が出てきます。 

 表面上の料金プランだけで安易な判断をしてしまっては、結果的に後悔することも充分に考えられます。これら充分に理解し比較・検討する必要があります。

でも心配しないでください『U-NEXT』には ” 31日間 ” というとても長い期間の『無料お試し期間』が築けられています。

 この31日間というのは、アナタ自身がこの「映画配信サービス」が本当に自分にあっているのか?どうか判断するのに充分な期間です。もちろんこの無料お試し期間以内であれば「途中キャンセル」も可能であり、その場合料金は一切発生しません。是非この機会に『U-NEXT』のコンテンツを体験してみてはいかかでしょうか?

U-NEXTのより詳しい内容は以下のリンクよりご確認ください。