バトルフロント”ジェイムス・ステイサム”主演クライムアクション映画、完全レビュー。

バトルフロント”ジェイムス・ステイサム”主演クライムアクション映画、完全レビュー。

バトルフロント(2013年アメリカ)

監督:ゲイリー・フレダー ジェイムス・ステイサム(フィル・ブローカー) モーガン’ゲイター’ボーダイン(ジェームス・フランコ) イザベラ・ヴィドヴィッチ(マディ・ブローカー) ケイト・ボスワース(キャシー・ボーダイン・クルム) オマー・ベンソン・ミラー(ティード) 再生時間:100分

『クライムアクション映画 バトルフロント』娘を守るために、悪党達に立ち向かうジェイソン・ステイサム 

元麻薬捜査官 フィル・ブローカー(ジェイソン・ステイサム)彼は自分の娘の為に、常に危険が伴う麻薬捜査官という仕事から足を洗い、亡くなった妻の故郷で娘と共に新たな生活を送っていた。 ある日学校の虐めっ子に虐められたフィルの娘(マディ)は、日頃から父(フィル)に護身術を教わっていたこともあり、虐めっ子の腹をパンチで一撃し、更には虐めっ子の顔面に蹴りを入れて大怪我を負わせてしまう。 これに激怒した虐めっ子の両親だが、元々薬物中毒の母親は、日頃から麻薬の売人ゲイターから、薬物を入手していた。 この事件を機に、フィルはゲイターに目をつけられることに…ゲイターはある企みを計画してた。 フィルは自分の娘を守るために、怯むことなく立ち向かう。執拗にフィルとマディに迫ってくる悪人達と壮絶なバトルが繰り広げられる。 [ad#kiji_top]

 この物語りでのジェイソン・ステイサムは、「元麻薬捜査官」だが、ストーリーは主に、その職業から足をすっかりと洗った後、その後の話で構成されています。現役捜査官時代のシーンは、冒頭で少し映し出されますが、それは僅かです。 その当時の職務に対する彼(フィル)の経験や想いなどは、ほとんど描写されてはいません。確かにこの映画の本題との関連性はありますが、この映画の根本的内容と、それは、それほど太い線では繋がっていないような気がします。 ジェイソン・ステイサムが出演するサスペンスアクション映画での彼が演じる役は、トランスポーターのような、逞しさと強さと、少しばかりのアウトローな要素が入り混じった役柄と、背中に過去の哀愁が漂った寂しげな役柄がありますが、この映画での彼は、そのどっちつかずのような微妙な立ち位置です。 相手を捻じ伏せる必要がある、あるいは任務を真っ当するために、相手を薙ぎ倒さなければならない… そんな理由はこの映画には存在しません。 すべては自分の身を守るためはもちろん、それよりも愛する娘を守る為、それが全てです。 だからこの映画の彼は、正義を真っ当するために戦うわけでもなく、悪の組織をぶちのめすためでもなく、自分に立ちはだかる壁を突破するためでもありません。 前に突き進む逞しさではなく、守る逞しさです。 あなたがもし「トランスポーター」のような、悪に手助けして怪しげなものを運ぶ「運び屋稼業」のジェイムスがいまいち好きでなかったり、拳銃を乱射し、バッタバッタと敵を撃ち殺していくジェイムスのアクションシーンは、なんかつまらないと、もし思っているのであれば、そんな概念を少しばかり横に置いておいて、この映画を鑑賞するのも悪くはないかもしれません。

ビンテージスタイルの格闘アクションシーン、ジェイソン・ステイサムの本当の強さが現れているようにも見えます。

 余談ですが、私は少し悪い癖があります。映画はもちろん大好きですが、最初の10分くらいで「なんかこの映画はつまらなそうだな..とか、なんか自分の好みと合わなそうだな」と思うと、すぐに映画鑑賞を途中で中断してしまうという映画マニアにしては、かなり邪道なところがあります。もちろん映画というものは、しっかりと最後まで観なければ、その映画が本当に面白いものか分からないということは分かっているのですが、気短な性格上のせいかのか、そんなことが多々あるのです。

この映画「バトルフロント」を鑑賞したときも、昨夜寝不足だったということもあり、色々な映画を鑑賞してみたのですが、どれもこれも頭に内容が入ってこなく、つまらそうな映画の連続でした。 惰性で映画を見てしまうという非常に邪道な鑑賞の仕方で、なんとくこの「バトルフロント」を見ることに.. 因みに筆者は、ジェイソン・ステイサムの大ファンでもなければ、別に嫌いでもありません。どちらかと言うと好きですが… この映画での彼は、いつものように超人的な強さです。あまりに強すぎます。拳銃やライフルを持ち向かってくる敵に対し、武器を持っていなくとも、素手で充分勝負できる彼の格闘シーンは、そのほとんどが ” 勝 “ ということが事前に分かってしまいます。 しかし、もはやそこに疑問を抱くのは、ナンセンスなのかもしれません。 ジェイムス・ステイサムは強すぎるからこそ見る価値ある男です。

でもこの映画「バトルフロント」は、特殊なCGをふんだんに使用したアクション映画ではありません。もちろん銃撃戦や格闘シーンは多くありますが、それは今時の他の「バリバリCGアクション」なんかではありません。いい意味で古いアクションであり、それは個人的には正統派のアクション映像だと思っています。この映画の「いいところ」のひとつがそこにあります。 真っ黒な高級アウディを暴走させ、宙高く舞い上がるシーンもいいでし、ジャッキー・チェン顔負けのような巧みな格闘シーンも、それもいいですが、ジェイムスが出演するそのような映画は、最初からそのつもりで見なければいけません。「そんなとこが好きなんだ」という方は何も問題ないかもしれませんが、個人的には少しばかりですが、そんな映像とシーンには引いてしまいがちな筆者は、そんな映画を見る場合には、予めそのような映画だと思い、固定概念を固めてから見ます。 でもこの映画は、その必要がありませんでした。すべてがNo ploblemです。ある意味ビンテージスタイルのフィルの格闘シーンは、少なからずとも「トランスポーター」での格闘シーンよりも断然いいです。

 

娘の前でも悪を潰す、フィル(ジェイソン)は娘が理解してくれる日をきっと望んでいるはず。

 昨日の眠気さえもふっ飛ばしてくれるこの映画、なんとなく見たが最後まで一気に見れる映画「バトルフロント」 個人の好みもありますが、あなたが主演の「ジェイソン・ステイサム」のファンであるならば、きっと満足できる作品ではないかと思います。 この映画でのフィルの娘(マディ)は、当然ですが、父(フィル)が他人と格闘してぶちのめす姿は好きではありません。もちろんフィルもそれは分かっています。娘の目の前で、例えそれが正当な理由があるとはいえ、他人に暴力を振るう・・なんて、そんなことは自分の子供に対して教育上良くないことであることは言うまでもないことです。でも彼(フィル)は性格なのか、その持前の強すぎる肉体のせいかなのか、娘の目の前でも容赦なく相手をぶちのめします。 危害を加えてくる悪に対して、フィルはそうするしかなかったのです。彼は向かってくる敵に対して応戦するしか方法がありませんでした、愛する娘を自分の手で守るためにも… ここに理屈と現実の違いがあります。現実的には、必ずしも ” 型に嵌ったものの考え方 ” が、罷り通るわけではないと言うこと。 彼女(娘)がどのようにしてその父(フィル)の無謀とも思える行動を理解してくか・・彼女はまだ幼いので完全には分かっていませんが、少しづつ理解していきます。 些細な学校での「虐め」がきっかけとなり、大きな事態へと急展開していくこの「バトルフロント」 でも、それはただ単に、護身術を身につけているマディによって、逆に「虐めっこ」が大怪我を負わされたとという親からの「復讐」という単純な筋書きではありません。 その裏側には「悪の陰謀」がしっかりと裏づけされています。それは決して巧妙に計画された ” 罠 ” とは言いいがたいかもしれません。この映画での彼ら(悪党)達はある意味無謀です。 何ら計画性も持たず、そのずさんな悪行ぶりは、無能な犯罪者の典型的な姿のように見えます。 途中警察が加担してはくれるが、フィルはその警察さえにも、期待はまったくしていなかったように見えます。 フィルの心の中には、自分の手で娘を絶対に守って見せるという強い心があったのでしょう。

[ad#kiji_botttom]

ジェイソン・ステイサム主演 クライムアクション『バトルフロント』