クリント・イーストウッド主演映画「アルカトラズからの脱出」評価・レビュー・感想。「闇へ。。」

クリント・イーストウッド主演映画「アルカトラズからの脱出」評価・レビュー・感想。「闇へ。。」

アルカトラズからの脱出

クリント・イーストウッド主演、脱獄困難と言われる「アルカトラズ刑務所」からの脱獄劇。

アルカトラズからの脱出』(原題:Escape From Alcatraz)1979年 アメリカ合衆国の映画

 

ドン・シーゲル クリント・イーストウッド ロバーツ・ブロッサム パトリック・マクグーハン
監督:
ドン・シーゲル
クリント・イーストウッド
(フランク・モーリス)
ロバーツ・ブロッサム
(ドク)
パトリック・マクグーハン
(刑務所長)

アルカトラズからの脱出 : 管理人の評価

7star_big 7star-2

review-170x70

この映画は実話を元制作されたものらしいです。確かに、この映画での脱出・脱獄方法は現実的に考えるとこれはきっと可能だろうと思える方法かもしれません。いゃ でも細かい部分を考えてみると「それは無理だろ」とかなり突っ込みたくなる部分もあるにはあります。そのポイントが実話に実際にあったかどうかは定かではありませんが..

特に音楽もほとんどなく、物語中は特段盛り上がるような場面もありません、つまり手に汗握るようなシーン、また緊張感が一気に高まる部分も特にはありません。でもそれでも退屈せずに2時間近くも飽きずに一気に見切れるこの映画は内容がとてもいい出来だからだと思います。

今、決して盛り上がるような場面がないと書きましたが、これは決してこの映画のマイナスポイントには当たりません。そのような意味ではなく、この映画はそんな要素がどこにもなくとも見応えがある映画であるということ。

どのような脱出を試みるのか?脱出中にはどのような展開が待ち受けているのか?果たして脱獄は成功するのか?
この映画を鑑賞する前に抱く期待感は、おそらくこんな要素だと思います。しかし、刑務所外へと続く脱出経路を見つけ出すのは案外簡単に見つけてしまうし、最終的に脱獄に至るまでの綿密な計画は実によく描かれていますが、” 脱出劇そのもの ” は思っていたほどの強いインパクトは感じられませんでした。しかしこれは古い映画なのでその辺を指摘してしまうのはとてもナンセンスなこと。この映画はそんな雰囲気がいい感じの映画なのでしょう。そういった感覚で見ると間違いなく傑作の部類に入ると思われる本作。永年の映画ファンにはたまらない映画であることは間違いなしなのだから。

このようなテーマの映画の場合、脱出が成功して終わる場合と失敗で終わる場合、両方のパターンがあると思いますが筆者自信は最後のシーンを見るまでまったく予想がつかなかったです。

もちろんここではそれは書きません。それは実際にあなたの目でこの映画を楽しんで確認してみてください。クリント・イーストウッドの名演技とその渋さ、映画の中では強靭で喧嘩も強い役だ。

牢獄のある部分に脱出口を見つけ、そこから刑務所外へと続く経路を少しづつ見つけ出していく、看守の目を誤魔化しながら・・・いってみれば在り来たりな脱出方法に見えるが、そこはやはり37年も前の映画、今は在りきたりでもこの当時は斬新だったのかもしれない。

そんな映画を今見ても充分面白く鑑賞できるのだからこの映画「アルカトラズからの脱出」は秀作である。

 

[ad#kiji_botttom]

 

アルカトラズからの脱出 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2010-11-26)
売り上げランキング: 28,149