オブリビオン(原題:Oblivion)評価・レビュー[闇へ。。]

オブリビオン(原題:Oblivion)評価・レビュー[闇へ。。]

トム クルーズ オブビリオン 映画

 

圧倒的な世界観と美しいビジュアルはいいが..

監督:ジョセフ・コシンスキー 出演: トム・クルーズ, モーガン・フリーマン, オルガ・キュレンコ, アンドレア・ライズブロー, ニコライ・コスター=ワルドー
2013年 アメリカ

ジョセフ・コシンスキー トム・クルーズ モーガン・フリーマン アンドレア・ライズボロー
監督
ジョセフ・コシンスキー
トム・クルーズ
(ジャック・ハーパー)
モーガン・フリーマン
(マルコム・ビーチ)
アンドレア・ライズボロー
(ヴィクトリア・オルセン)

オブリビオン:管理人の評価

1star_big 1star-2

review-170x70

西暦2077年。核兵器に荒廃してしまった世界。人類の多くは土星の衛星であるタイタンに移住していた。
ジャック・ハーパー演じる(トム・クルーズ)とヴィクトリア・オルセンを演じる(アンドレア・ライズボロー)が中心になっている映画。

ジャックとビクトリアはふたりだけ地球に残され、地上の監視をする役目を行っていた。ある時、ジャックはパトロール中に墜落した宇宙船を発見する、そしてジュリア・ルサコーヴァ
という女性を助け出すが・・(後の細かいことは省略します。)

SF大作として世間ではかなり評価の高い本作「オブリビオン」そんなわけで早速筆者も視聴してみました。

すべてかどうかは分からないが、CGを使わずにセットを組んで撮影されたという本作品。
映像美やジャックの乗るパトロール機、無人偵察機ドローンのデザインや、映画全般に渡るビジュアル的要素ばかりが先行してしまっている映画だ。映像美がどんなに費用をかけて作られ、その出来栄えが素晴らしくてもストーリーがしっかりしていないと映画として見る価値が低下してしまう。

この映画は美しいビジュアルに物語が完全に負けてしまっている映画に思います。正直がっかり感100%です。自分は。

トム・クルーズの大ファンか、ストーリーそっちのけでSFの世界に漠然と酔いしれたい方が喜ぶ映画なのではないかと思ってしまう。

ストーリーが中途半端なら派手なアクションや銃撃戦でカバーするという手もあるが、本作はそれほど派手なアクションもありません。
しっかり見ていてもまったく感情移入できない内容だし、ぼんやり見ているとどこかちんぷんかんぷんで、さっぱり何を言いたいのか伝わってこないお話しだ。

まずトム・クルーズ。映画で時折見せるショットガンだかマシンガンだかロケットランチャーだか知らないが、構えている姿がまったく様になっていないです。構え方が悪いのか、どこか猫背で姿勢が正しくないのか、単純にこのような銃器が彼には似合わないのか、とにかくカッコ悪い。

やはりトム。クルーズにはこのような役柄は似合わないのでは?ルックスはカッコいいかもしれないが、映画のなかでの存在ということ考えると話はまった別物だ。どうしても育ちがいい”おぼっちゃん”的な雰囲気が漂うトム・クルーズは、この映画内では存在が薄っぺらく見えてしまいます。
この映画の主人公を演じるにはもっと男臭く、野性的なオーラが漂う俳優のほうがよい。

映像の美しさから世界観は抜群だか、この薄っぺらいなんの特色も感じられない平凡なストーリーでは心に訴えかけるものがなにもない。

 

[ad#kiji_botttom]

オブリビオン トレーラービデオ

オブリビオン [DVD]
オブリビオン [DVD]

posted with amazlet at 16.09.15
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-04-09)
売り上げランキング: 2,350