人食いワニ、モンスターパニック映画「マンイーター(原題:Rogue)」評価・レビュー。

人食いワニ、モンスターパニック映画「マンイーター(原題:Rogue)」評価・レビュー。

マンイーター

B級映画を馬鹿にしてはいけない。そんなことを感じる映画「マンイーター」

マンイーター(原題:Rogue)2007年オーストラリア
監督:監督: グレッグ・マクリーン 出演:
ラダ・ミッチェル, マイケル・ヴァルタン, サム・ワーシントン, ミア・ワシコウスカ

グレッグ・マクリーン マイケル・ヴァルタン ラダ・ミッチェル サム・ワーシントン
監督
グレッグ・マクリーン
ピート
マイケル・ヴァルタン
ケイト・ライアン
ラダ・ミッチェル
ニール
サム・ワーシントン 

マンイーター:管理人の評価

6star_big 6star-2

review-170x70

登場するのはまさに「人食いワニ」…バカでかい人を食う巨大にワニだ。あなたはこれを聞いて、なんだ「ワニか・・・」と思うかもしれないが、その安易な考えは間違いだ、きっと。でも確かに見る人を選ぶ映画であるからにして、賛否両論はっきりと分かれるような映画であることは間違いないが、でもこのB級映画と言われている「マンイーター」筆者は好きです。

旅行ライターのピートはオーストラリアのカカドゥ公園を訪れた。地元の女性ガイドであるケイトと共に小型船に乗りクルーズを楽しんでいたが、途中で遭難しているボートを発見することとなる。そのとき水中から突然何者かの攻撃を受ける。そう、その正体は人食いワニです。 その川には獰猛な巨大人食いワニが存在していた。なんとか小さな島にたどり着くことができたが、満ち潮になると水面下が上がりこの小さな島は川の中へ沈んでしまう・・・どこからいきなり現れるか分からない人食いワニ、どんどん水面下が上がり逃げ場のない恐怖が襲う。

これからお決まりのような展開がはじまる・・・その船に同乗していた他の観光客同士で仲間割れがはじまり、事態は逃げ場のない絶対絶命のピンチに追いやられるという単純な内容。

往々にしてこのような状況になったとき人は精神が不安定になり、また判断力が鈍り、気持ちが焦る。焦れば焦るほど頭が混乱してきて「どうしたらいいか分からない、これではどうしようもない」というパニック状態に陥る・・・

観光客が皆錯乱し、的確な逃げ道・脱出案(方法)を導き出すことができないでいる中、唯一冷静な判断(考え方)をしているのはピートとケイトだ。

観光客の中には自分だけ生き残ろうと考え出す不届き者もいたりします。他人の事をほっといて自分だけ助かろとする。こんなときこそ皆で力を合わせないと危機から逃れることはできないのに。。。

結構リアルな巨大人食いワニ

ここから更なる次の展開へと移ります。この後その巨大な人食いワニは姿・形をハッキリと現しはじめる。。。そして豪快に襲ってきます。このワニのCGに注目。筆者が割といい評価をつけている最大のポイントのひとつがここである。” 人食いワニのCGは素晴らしいです ” その見た目・体の動き・アップで映し出されるワニの(顔・表情)、口を大きく開いて剥き出しになった牙など、およそ見る前に想像していたものを遥かに超えていました。

ピートと人食いワニの格闘シーンはよくできたワニのCGが大変よく効果を発し映画を臨場感たっぷりにしてくれています。

だからまんざらでもないこの映画。決してアホっぽいパニックホラーではありません。こんな映画は変に荒さがしなどせずに気楽に楽しんだほうが良い、そのほうがよっぽど楽しんで映画を鑑賞することができる。

とにかくそのワニは見た感じでは本物のワニに見えます。といったら少々大げさかもしれないが、あなたがこんなパニックホラーのへヴィユーザーで目の肥えた方でないかぎり、この映画のワニっぷりに思わず見入ってしまうに違いありません。B級だのなんだのとかいって、単純に面白いです。

[ad#kiji_botttom]

 

 映画「マンイーター」予告編

 

 「マンインター」2016年9月21日発売!

マンイーターBlu-ray
マンイーターBlu-ray

posted with amazlet at 16.09.14
ポニーキャニオン (2016-09-21)
売り上げランキング: 4,691