サイレントヒル(映画/原題:Silent Hill)レビュー

サイレントヒル(映画/原題:Silent Hill)レビュー
519ARTASY9L
5star_big サイレントヒル
管理人の評価

5star-2
サイレントヒル』(原題: Silent Hill)は、2006年のカナダとフランスの合作ホラー映画。コナミから発売されたゲーム『サイレントヒル』を原作に製作された。北米総収入は約4700万ドル(海外は約5000万ドル)。PG12指定。日本では、2006年7月8日に劇場公開された。また、同年11月22日にポニーキャニオンよりDVDが発売されている。アルティメット・ボックスとプレミアム・エディションも同時発売された。メイキングやゲームと映画の比較など映像特典が収録されている。
出典:ウィキペディア

 

コナミの大ヒットゲーム「サイレントヒル」を原作に映画化された本作。

カナダとフランスの合作であり、ジェヴォーダンの獣や美女と野獣などで有名な監督クリストフ・ガンズの作品。


夢遊病のシャロン、しかしこの子は母親ローズが養女として育てた娘。 この娘はシャロンは夢遊病に犯されており、時折本人の意識がないまま奇妙な行動をとったり、なにやら不可思議な言葉を発するようになった。
本人の意識とは反して口から出る言葉、その言葉が「サイレントヒルのお家に帰る。。

この娘の変異を心配した母親ローズはシャロンを連れ、廃墟で無人と化したゴーストタウン「サイレントヒル」へ・・・ へと向かう。

 

サイレントヒルの不気味さダークな雰囲気、世界観を再現した映画

この映画は人気ゲームを「サイレントヒル」を原作に映画化されただけに、ゲーム「サイレントヒル」をプレイしたことがない人間にとってはストーリーがいまいち薄っぺらく感じてしまうかもしれません。  しかしそれはこのゲームをプレイしたことのない人間だけの感想であって、このゲームが大好きな人間にとってはかなり面白い映画なのかもしれない。きっと。

ゲーム「サイレントヒル」の不気味感と至る所の造形、また各所のシーンが忠実に再現されているこの映画。

日頃からゲーム好きで、このゲームに嵌った人間は、ゲームプレイ中のハラハラドキドキの臨場感溢れるゲーム感覚を思い出しながら.. じっくりと鑑賞できるのでは..

この映画は特に美しいCG(映像)とBGM(効果音)が印象的です。 これはかなり良くできていると思います。

bandicam 2015-07-26 04-47-19-293

逆に言うとストーリーの深さがあるようでないような、中途半端さを感じるが、その辺をこれらがうまく補っているようにも見えます。

この辺りは意見が両極端に分かれるような気もしますが、筆者の個人意見では、製作者側にゲームを限りなく再現しようという 考えばかりが先行してしまい 肝心の物語の部分に詰めの甘さが残ってしまっているようにも感じます。

母子愛が基本になっている本作。養女であるシャロンが夢遊の状態にあるときに必ず口走る「サイレントヒル」という言葉。それは異世界のもうひとりのシャロン(アレッサ)の善の部分が分離・転生しているためだ。

と、ここまでではなんのことだか さっぱりと分からないと思うので、簡単に言うとこの映画は実世界である(表世界)と(裏世界)それが絶妙に絡みあいながら映画全体が構成されている。

裏の世界(サイレントヒル)ではダリアとゆう母とそのダリアの娘(アリッサ)が存在する。そのダリアの姉(クリスタベラ)がサイレントヒルで古くからある宗教団体を仕切っている存在。ここでこの宗教… 映画の中ではその信仰心は主に”魔女狩り” などとゆうもので表現されているが、ここらへんは映画を見てもその宗教団体の本質や内容など分からないし、詳しく知る必要はないだろう。

要は悪魔と思わしき者は処刑してしまう。そんな解釈でいいです。そんなことから過去にこのクリスタベラはダリアの娘(アリッサ)を火炙りの刑にしてしまう。

このアリッサに瓜二つなシャロンは悪魔の再来だと思われ、アリッサと同じように火炙りにさせられそうになるが・・・

養女とはシャロンに愛情を注ぎ込んでいるローズは広大で不気味な異空間 サイレントヒルの中で必死にシャロンを救出しようと試みるが…

得体の知れないクリーチャーが多数潜んでいるサイレントヒル。次々と襲いかかってくる不気味で醜い化け物ども。この辺はおそらくゲームと同じであろうかと。

bandicam 2015-07-26 04-52-53-715

それはそれでいい。そこにはなにも問題はないし、なしろ映画全体の雰囲気作りや映像美に魅せられてしまいます。 しかしながら筆者がアホなせいなのか。このゲームをやったことがないからなのか、表世界と裏世界、更に微妙に絡み合いシンクロしてくる人間像。。それが途中でいまいち分からなくなる。

きっとゲームとゆうものに無縁の人、特にこのサイレントヒルとゆうゲームに無縁の人、それらの所謂 単なる ” ホラー映画好き ” とゆう人が見たら少しばかりですがストーリーを理解するのには難解なような気がします。

この映画はすんなりとその物語の内容に入っているいけるものではなく、現実の世界と裏世界での異空間の繋がりの部分は、映画をじっくりと見ながら完全に理解していないと途中でちょっと頭が混乱してきそうになる。

 

また 娘が夢で魘されたように奇妙なことを口走るとゆうだけで、未知の世界(場所)にあるサイレントヒルへ向かう理由。それまでの経緯が少し曖昧で 甘くできているのはやはりゲームが原作になっているからと思わざるを得ない、

それは逆にゲームの映画化だからしょうがないと言えばそうかもしれない。 しかし映画は映画。ゲームが原作となっていてもこれは映画である。

 

bandicam 2015-07-26 04-56-55-292

映画版になったのならばもう少しエッセンスを加えたほうが良かったのでは?これは正直な感想です。

但し、前述したとおり細かい演出や映像は素晴らしく、完成度が高い、グロシーンもあるにはあるが それほど強烈ではない、ホラー好きな方は普通に楽しめる映画ではある。

ある意味 原作であるゲーム「サイレントヒル」とは切り離して見るべき映画ではないようです。その辺が筆者としては評価がとても難しいところなのです。

早い話。表の世界と裏の世界が切り替わる。これが筆者個人的に苦手であって 駄目なだけのようです。 ホラー映画には現実的で限りなくシリアスな内容を求める自分にはいまひとつだったのかもしれません。

でもこれはあくまでも自分の個人感です。このような展開が Welcomの方には最高の映画なのでしょう。

 

———————————————–

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

—[映画サイレントヒルの監督と登場人物]—

監督:
bandicam 2015-07-25 00-41-58-559
クリストフ・ガンズ
クリストフ・ガンズ(Christophe Gans,1960年3月11日 – )はフランス・アルプ=マリティーム県アンティーブ出身の映画監督。
出典:wikipedia
キャスト:
bandicam 2015-07-25 00-16-16-644ラダ・ミッチェル
(ローズ)
bandicam 2015-07-25 00-21-34-306ショーン・ビーン
(クリストファー)
bandicam 2015-07-25 00-27-53-231ローリー・ホールデン
(シビル)
bandicam 2015-07-25 00-37-36-762
ジョデル・フェルランド
(シャロン)