キャリー(オリジナル1976年)ホラー映画の名作をレビュー。

キャリー(オリジナル1976年)ホラー映画の名作をレビュー。
51sQo8bgDaL
Carrie (1976)
管理人の評価

キャリー』(原題: Carrie )は、1976年に公開されたのホラー映画。スティーヴン・キングのを映画化した作品。

製作・監督はブライアン・デ・パルマ。出演したシシー・スペイセクとパイパー・ローリーはそれぞれアカデミー賞にノミネートされた。1999年に続編が、2013年にリメイク版が公開されている。

出典:wikipedia 

収録時間:99分
監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:ポール・モナシュ
原作:スティーブン・キング 

 

名作キャリーのオリジナル版。その内容は。
bandicam 2015-07-13 05-04-01-056

 

2013年リブート作品のキャリーの主演:クロエ・グレース・モリッツとはまったく印象が違い、やせ細った 見た限りでも苛められっ子にピタリと当てはまるような シシー・スペイセクがキャリーを演じる。

 

リメイク版の元である本作は、2013年リメイク版の派手さと豪快な演出を削ぎ落としたような内容に見えます。 一番言えることはキャリーを演じる二人の印象がまったくもって異なること。本作の場合は見るからに可愛らしく普通の少女に見えるリメイク版 クロエとは違い、どことなく暗い悲壮感漂うシシー・スペイセクがキャリーを演じていることによって不気味さは本作のほうが圧倒的に強く、ホラー色が強い。

しかしながらとても古い映画であるので、当然映像も音響効果も古めかしく、古い映画に抵抗感のある方にはちょっと物足りなさを感じるかもしれません。筆者も場合もあまりに古い映画の場合、ホラー映画に関してはどうしても受け入れずらい傾向がある。正直この映画もそうでした。

今更、とやかく言うこともないホラー映画の名作であるがゆえ その基本構成(映画のストーリー)は素晴らしいです。
しかし筆者はリメイク版のほうが断然好きです。それはこの二つを比較した場合の話。だが しかし .. 自分が今まで見たホラー映画の中ではリメイクのキャリーにしても、この本作にしても面白い映画ではあるが、自分の中で上位にくるほどではありません。

華奢で気弱な女の子が自身のもつ圧倒的な不思議な能力で相手に仕返しをするという設定はすごくいいと思うが、早い話がこの「キャリー」が駄作などと言うつもりは更々なく、もっと出来の良いホラー映画が沢山あるとゆうことだ。

結局のところこの本作もリメイクもストーリーがほとんど同じであるからにして、その映像技術や演出が向上したのがリメイク版。その原点が本作。

ホラー映画を語るうえでこの「キャリー」は見ないわけにはいかないと思うので、もし未見の方は一度は見るべきだ。

 

 

監督:ディレクター
bandicam 2015-07-13 05-15-26-739
ブライアン・デ・パルマ
ブライアン・デ・パルマBrian De Palma, 1940年9月11日 – )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク出身の映画監督。第19回ベルリン国際映画祭銀熊賞、第64回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞などを受賞。ゴールデンラズベリー賞に5回ノミネート。本名はブライアン・ラッセル・デパルマ(Brian Russell DePalma)[1]ブライアン・デ・パーマブライアン・ディ・パーマと表記することもある。元妻は女優のナンシー・アレン、プロデューサーのゲイル・アン・ハード。義娘は女優・モデルのウィラ・ホランド。
出典:wikipedia
キャスト:
bandicam 2015-07-13 05-20-21-745
ペイパー・ローリー
Margaret White
bandicam 2015-07-16 04-59-04-682
シシー・スペイセク
Carrie
bandicam 2015-07-13 05-27-34-465
ジョン・トラボルタ
Billy Nolan
 bandicam 2015-07-13 05-24-58-926
エイミー·アーヴィング
Sue Snell
   

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク