デッドマンコーリング(原題:The Dead Will Tell)評価・レビュー・感想。

デッドマンコーリング(原題:The Dead Will Tell)評価・レビュー・感想。

デッドマンコーリング 2004年(米国)
監督:スティーヴン・ケイ 出演:アン・ヘッシュ, キャスリーン・クインラン, クリス・サランドン, エバ・ロンゴリア

中古で購入した婚約には過去に起きた悍ましい事件が関わっていた。そこまで傑作と言えるほどのオカルトホラーではないが、じっくりと鑑賞してみると見終わった後にある程度の満足感は味わえる作品です。つまらない.. と言う人もいるかもしれませんが、筆者はこの作品..決して駄作だとは思いません。

婚約指輪に秘められた女の情念、エミリーの周りで起こる心霊現象

デッドマン・コーリング
総合評価:100点中/75点

 

review-170x70

まずはじめに。この映画は実話が元になってるらしいです。実話を元にしたオカルト系の映画って多いのですが、そういった映画って、とても信じがたい内容のものもあれば、これは確かに現実にありえそう、とか。。それは映画によって様々だと思います。
筆者も実話からなる、こういったオカルト系映画っていくつか見てきましたが、結局のところそれが実話だろうが、実話でなかろうが、映画を見て「面白かった」と思えるか、そうでないかはほとんど関連性はないと思います。確かに実際に映画の内容とほとんど同じことが過去に、現実にあったのですから、それらの心霊現象や超常現象は、もはや突っこむどころか疑いの余地はないですね。
結局見た後に面白くなかったと思えば、その実際にあった霊現象そのものか面白くないなんて、とても変な理屈が出てきそうですが、それはやはり違うでしょう。そもそも霊現象は怖いものであって、決して面白がるものではありませんから・・・

だから、その映画の台本となるものが実話であっても、「それを基に映画を作る」という過程で面白く仕上がるか、あるいはそうはいかなかったのか、そこに尽きると思います。

この映画「デッドマンコーリング」は自分はかなり前に見た映画ですが、結論を先にいうと、実話をそれなりに忠実に再現されている映画なのではないか?と筆者は感じました。どこまで真実で、どの部分が過剰表現なのかは当然判断つきませんが、まあ このような霊現象ならあるんでしょう…きっと。付け加えておきますが、だからといってそれほど軽々しいものでもありません。

二人の男女が知り合い、すぐに恋に落ちます。そして二人が結婚を決めるまでは、たったの約二か月しかかかりませんでした。恋人から貰った婚約指輪、この指輪に、この映画のすべてが詰まっているといってもいいです。婚約相手にあげる指輪を、彼は街のアンティークショップで見つけました。知り合ってからまだ数か月で恋に落ち、結婚まで決めた女性は喜びを露わにこの指輪を嵌めます。

しかし….. この指輪には恐ろしくも深い情念のような思いが籠められていたということ・・・

もうここでお分かりですね.. この指輪はアンティークショップで買った指輪です、だから新品ではありません。 そう指輪の前の持ち主です。

この指輪の以前の持ち主はもうこの世にはいません。

デッドマンコーリングのヒロイン(エミリー)は、この指輪を嵌めるようになってから、見回りに不可思議な現象が次々と起きはじめるようになります。

しかし、ここでひとつ、この映画「デッドマンコーリング」決して ” 怖い ” 映画ではありません。 ホラーというより ” ミステリー ” の要素のほうが強いです。

この世に怨念を残し、成仏できずに死んでいった女性は亡霊となり、エミリーの前に姿を現しはじめますが、それは決してエミリーを攻撃しようとか、彼女に対し悪事を働くとか、そういったことはありません。

また映画の中でも、そのような行動は一切とらない。この部分は他のオカルト映画とは違う部分であって、この映画のある意味独創性と言える部分かと思います。

「怖い映画ではない」と書きましたが、これはだからつまらないという理屈とはまったく繋がらない。他の「怖がらせよう」としてばかりで完全に脱線してしまっている、オカルト駄作映画よりも、よっぽどいいのではないでしょうか?

この映画は、視聴者を怖がらせるという要素を完全に捨て、物語に重きを置いて作った映画なのだと…自分はそのように見えます。

でも、何もしないでフラリと現れるのも、それはそれで見る人によったら怖いのかもしれませんが・・

しかし、この指輪の前の持ち主である女性は、エミリーに何らかのメッセージがあります。彼女はいったい何をエミリーに伝えたかったのか? 彼女の悲痛な叫びとエミリーの苦悩が、互いに交差しながらストーリーが展開していくこの映画「デッドマンコーリング」は決してその辺の薄っぺらい「お子様ホラー映画」と違います。

超おススメとまではいいませんが、まずは一見する価値はあります。

 

この映画「デッドマン・コーリング」のようなマイナーな映画は動画配信サービス大手「hulu,dtv,FOD」などでは配信されていないケースが非常に多いです。このような映画を鑑賞するときにはじめて役にたってくるサービスが『Tsutaya Discas ツタヤディスカス』です。
ツタヤディスカスであれば現在レンタル可能です(動画配信はないようです)

>>いざというときに役に立つ動画配信・レンタルサービス
「ツタヤ ディスカス」の解説はこちら