バイオハザード 映画 [原題:Resident Evil]レビュー

バイオハザード 映画 [原題:Resident Evil]レビュー
img_3
3star_big バイオハザード
管理人の評価

3star-2

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年公開のアメリカ映画。カプコンのゲームソフト『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラー映画である。日本では、アミューズピクチャーズ配給で、2002年8月31日に松竹系で公開された。世界興行収入は168億円。
収録時間:101分
出典:ウィキペディア

 

ミラ・ジョヴォヴィッチの華麗なアクションシーンに注目。

review-170x70
主なキーワード:アクションホラー,ゾンビ,アメリカホラー映画

自分はこの映画を以前にテレビで見た記憶がある。それはかなり数年前でかなり遠い記憶なので定かではないが、そのときはかなり面白かったとゆう印象が微かに残っています。
その記憶もあり、ある程度ですが、期待を抱いて今更ながら再度鑑賞してみたが、その数年前の記憶とは裏腹にそんなに面白くはない。

印象的なのは犬(クリーチャー)。 これはなんかドーベルマンのようなこの犬。この犬達との格闘シーン…
このゾンビ犬を飛び蹴り・ハイキックのような豪快な蹴りで犬を一撃必殺。
この華麗且つ大胆なアクションシーンしかあまり頭に残らない・・・

そんな一言で終わらせてしまったら あまりにもアレだが。。

因みにこの映画の元となるプレイステーションゲーム「バイオハザード」は、これも数年前.. とゆうかもう10数年以上も前の話だが、自分はかなり夢中になってプレイした。このゲームに関しては時間をどれだけ費やしたか分からない。TVゲームをやり始めたばかりの自分にとってはもうハマリまくりでゲームに夢中になっていた思いがあります。

しかし、それはゲームの話。 この映画はそれほどゲームを忠実に再現した内容ではないが、あのゲームを映画にしたら こんな感じになるのであろうと…。

でもこれは映画バイオハザードのパート1。 このバイオハザードは この1の後も次々と作品が生み出されているので、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ それがどれほどに内容がグレードアップされているかに期待度を寄せる映画。
公開当時は興行収入168億円を記録しているが、やはり今となっては影が薄いです。

ゲームにも出てくるお馴染みの様々なクリーチャーの動き(CG)はとても素晴らしい出来になっているし、リアル感は抜群です。これにもっと引き付けられるストーリーがあればもっと良い映画になったのではないかと。

。但し所詮ゲームからの映画化とゆうことで… 根本的な内容はゲームと同じだが… あくまでもプレイを楽しむといったゲームからの原案からはストーリー展開にはかなり物足りないものになっているような気がします。

ゲームの映画化とゆう点では、似たようなものではあの「サイレントヒル」がありますが、比べてみるとやはりこの段階ではやはり「サイレントヒル」のほうがいい。

単純な内容で万人受けする典型的なこの手の映画は、1がそんなに面白くなくとも続編が不思議と見てみたくなります。そんな意味で続編以降に期待。

「バイオハザード」トレーラー動画をご覧ください
(最初に広告が流れます、予めご了承ください)

Resident Evil (2002) – Official Trailer [VO-HD] by Eklecty-City.fr

 

[ad#ad-1]

 

 

この映画バイオハザード」はHuluで視聴できます
「紹介している作品は、2015年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありま
すので、詳細はHulu の公式ホームページにてご確認ください。」

Huluって何?とゆう方は>>こちらをクリック
(映画やドラマが見放題Huluの詳しい解説)

このバイオハザード以外にもホラー・サスペンス・ミステリー・スリラー映画が
月額(933円:税抜)で見放題。
— 2週間お試しトライアル0
(この間にキャンセルした場合料金は一切かかりません)