エスター 映画(原題:Orphan)一見子供のように見える少女には、恐ろしい悪魔が潜んでいた。

エスター 映画(原題:Orphan)一見子供のように見える少女には、恐ろしい悪魔が潜んでいた。
エスター(2009年 アメリカ)
ストーリー STORY
3人目の子供を流産してしまったケイト。そしてその夫ジョン、ふたりはどうしても三人目の子供を諦めきれず「ある孤児院」から9歳の少女を養子として引き取ることに..
外見は可愛らしいが、性格はいまいち風変りな少女エスター.. この家にやってきたエスターは次第にその「狂気・異常」とも言える性質を剥き出しにしはじめる。” 冷酷・残虐・非道 ” 完璧に三拍子揃った悪魔のような少女「エスター」とその家族の葛藤の日々を描いた最強スリラー。

ジャウム・コレット監督

ヴェラ・ファーミガ

ピーター・サースガード

イザベル・ファーマン

CCH・パウンダー
スポンサーリンク スポンサーリンク

養女として引き取ったエスター。それは家族に襲いかかる恐怖の幕開け。

養子を引き取ったために、あろうことかその家族の身に恐怖が降りかかる。この映画はエスターという少女(養子)が引き起こす ” 戦慄恐怖物語 “ です。ケイト夫妻は三人目の子供を不幸にも流産してしまい、やむなくある孤児院を訪れました。ケイトの夫ジョンはそのとき、部屋で油絵を書いている少女を見つけます。熱心に油絵を描いている少女の姿に、おそらくジョンは、” そのとき何かを感じるものがあったのかもしれません。その油絵を描いている少女こそ「エスター」です。ケイトとジョンはすぐに彼女(エスター)のことを気に入り、養子として引き取ることを決めます。しかし、この瞬間こそ恐怖の幕開けだったのです。

この映画は、エスターという少女の本性が、少しづつ明らかになっていく光景が描かれています。エスターという少女の設定はとても「狂気で異常性質」な少女になっていますが、でもなぜエスターがそこまで残虐とも言える行動し、人に危害を加えようとしているのか、その根本的部分は明らかではありません。エスターは洋服の趣味も悪いですし、行動ひとつひとつもどこか変な女の子です。でも洋服のセンスが可笑しいとか、行動が他の女の子とちょっと違うくらいでは、それは異常とは言えません。ただ単に「少し変わった女の子」というだけです。実際小学生でも様々な性格の子がいるし、中には変わった性格の子もいるでしょう。でもこのエスターの変わった性格は、単に変わった性格なのではなく、本質的に「異常人格者」であるということが根源にあります。それは二重人格でもないし多重人格でもない「…」という奇怪な「…」が原因でした。

養女として引き取ったエスター。それは家族に襲いかかる恐怖の幕開け。

そんな一風変わった女の子「エスター」は、地元の小学校に通いだしますが、変わり者の彼女は、学校でも虐めのターゲットにされてしまいます。映画ではその虐めっ子に対しエスターが攻撃的なことをやり返す様子もありますが、根本的なエスターの異常行動は、そんな虐めに対する反逆心だけのものではありません。その本当の理由は、映画の中で一応明かされてはいますが、かなり ” ぼんやり ” としたものです。
ひとりの幼い少女が「家族の知らないところ・見ていないところ」で、徐々に牙を剥き出しにしていきます。
そんなエスターが狂気行動を起こすシーン。それはホラーあるいはスリラー映画として実によく計算され映像として表現されています。その手段・方法は実に巧妙であり、また冷酷でリアルな描写です。亡霊や心霊、怪物などとは違い、現実社会でも例こそは少ないかもしれませんが、100%完全にないとは言いきれないエスターの狂気の沙汰(行動)は、見ている者をシリアスな感覚に陥れる最高のスリラー映画を証明しています。

まだ子供だから加減を知らないとか、限度を知らないとか… そんなことをよく言います。確かにこの映画での狂気的シーンをそんな解釈で捉えてしまえば、それまでかもしれませんが、映画を見ていてやがて真実が証明される ” 彼女は本当はXXXだった ” という点に「本当の意味でのこの映画の怖さ」があります。子供の仮面を被った鬼少女とも呼べるべきこのエスター、演じるのはアメリカの女優「イザベル・ファーマン」ですが、彼女は実に見事に鬼少女を演じています。彼女は物語の中で、通常の顔・可愛らしい9歳の女の子の表情はもちろんですが、一転してその表情が狂気として一変する瞬間、ときには少女から大人っぽい大人の女性へと変わる瞬間、様々な女性へと変わる瞬間を独特な演技力で表現しています。

スポンサーリンク スポンサーリンク

エスターの恐ろしいく攻撃的な行動は留まることはありません。それは最後のラストシーンまで続きます。あなたがこの映画を見たら、ひとりの可愛らしい少女が容赦なく迫ってくるパワーを感じることになります。その恐ろしい行動は、ストーリーの順を追ってどんどん倍増していきます。彼女が仕掛ける罠・暴力的行為・大人を欺く言動、その恐怖に慄く家族や孤児院の関係者達。家族でありながら被害者になるというストーリー。 ケイトはエスターを養子として引き取っていながらも、その養女に対し憎しみの思いを強くしていきます。
この一連のストーリーは123分という比較的長い収録時間ですが、筆者にとってはとても価値のある123分間でした。またこの映画「エスター」はホラー映画としての最高のエンディングを向かえてくれます。ホラー映画であるから最高とは言ってもそれはホラー映画なりの結末ですが、筆者はこの映画の終わり方はとても評価できます。 演出・効果・サウンドトラック…そのどれもが効果的であり、それぞれの恐怖シーンは、視聴者の心を確実に掴む力を持っているように見えます。
エスターは決して自分がそのような境遇(精神異常者)に陥ってしまったことに悲観しているようにも見えなく、また自分の暴力性にもなんら疑問は抱いてない、彼女は本当の狂気と化した少女のようです。

エスター