ドント・ブリーズ 映画(原題:Don’t Breathe)ホラー・スリラー映画。空き巣に入った家で遭遇した老人との戦慄恐怖。

ドント・ブリーズ 映画(原題:Don’t Breathe)ホラー・スリラー映画。空き巣に入った家で遭遇した老人との戦慄恐怖。

ドント・ブリーズ(2016年アメリカ)
監督:フェデ・アルバレス
キャスト:
ロッキー:ジェーン・レヴィ
アレックス:ディラン・ミネット
マネー:ダニエル・ゾヴァット
盲目の老人:スティーブン・ラング
デイデイ:エマ・ベルコヴィシ

スポンサーリンク スポンサーリンク

フェデ・アルバレス

スティーブン・ラング

ジェーン・レヴィ

ディラン・ミネット

ダニエル・ゾヴァット

STORY ストーリー
虐待的な母親とその恋人もつロッキーは、妹(ディディ)を連れてカリフォルニアの地を離れたいと思っていた。彼女も不良少女であり、数人の仲間達と日頃から空き巣強盗を繰り返していた。その彼女の仲間にはアレックスとマネーがいます。 あるきっかけで、3人はデトロイトに住む、
視覚障害をもつ一人の老人の情報を入手する。この老人は娘を交通事故で亡くし、その和解金として約30万ドルを受け取っていた。 この情報を入手した3人の不良(窃盗)グループは、この30万ドルの金を目当てに、老人の自宅に強盗に入ることを計画します。3人は、まんまと老人の家の中へと侵入することに成功するが、そこには3人が予測もしていなかった恐怖が待っていた。

被害者と悪事をはたらいた者の挙動が、一気に逆転する映画「ドント・ブリーズ」

突然自宅に空き巣が入る、本来であればその家の主が恐怖に慄くのであり、家主こそ被害者です。しかし、この映画では、逆にその空き巣窃盗団が恐怖に慄く展開になっています。筆者はこの映画の魅力のポイントのひとつに、その恐怖を引き起こしている者が「殺人鬼」でもなく「怪物」でもなく、また「亡霊」でもない.. という点だと思っています。裏の素性を探ると ” 深いワケ ” が存在しているとはいえ、強靭とは言えども、ただの一人の老人です。そんな意味も含めて、この映画は最近のつまらないホラー映画が乱立する中でも、相当な傑作であり、そして目を逸らすことさえ出来ないほどの見事な「ノンストップスリラー映画」に仕上がっています。私はこの映画を見て久しぶりに「スリラー映画」を満喫した気分になりました。 

息を呑むほどの恐怖ストーリーは、そのほとんどがデトロイトにある、この老人の住む家の中で繰り広げられます。前述したように、この映画では被害者と犯人の挙動が逆転します。普通に考えれば悪いのは家に不法侵入した3人であり、老人にはまったく非がありません。しかし、この映画の展開を追っていくうちに、悪いはずの3人が被害者のように見えてくるという、ある意味錯覚に囚われることになります。だからある意味、この映画にはこのような不条理さというものも存在します。ありきたりなホラーやスリラー映画では、正義は正義のままで終わり、悪は最初から悪で登場し物語りが展開していくのが多いかと思います。しかし敢えてその辺をぐしゃぐしゃにしてしまったところにこの映画「ドント・ブリーズ」の面白さがあります。

視覚障害の老人の形相と、体全体から放つ ” 威圧感 ” は迫力があり、少し恐ろしいです。悪事を働くまでは犯罪者であるはずの3人は、家の中に侵入し、金銭が入っているであろうと思われるドアを破壊し、老人に見つかってからは一気に心理状態に変化があったはずです、この3人はきっと自分達は家宅侵入という犯罪を犯しているという「理屈的な罪」の意識は変わらなくとも、「心情的な罪悪感」など完全に吹っ飛んでしまっているに違いありません。
なぜなら、この家の中で、3人を見つけたときの老人の行動は3人をどんどんと戦慄恐怖へと追い込んでいくからです。 この老人にはそのくらいの恐ろしさと勢いがあります。

視覚障害の老人

「ドント・ブリーズ」息をするなという展開にどんどん追いこまれていきます。

この強靭的な肉体と聴力を持つ老人は、一匹のとても獰猛な犬を飼っています。映画を見れば分かりますが、この犬はこの映画で最高のパフォーマンスを見せてくれます。 この猛犬のような狂った気性の犬はこの映画の中で重要な位置にいます。つまりこの映画を更により恐怖を増強させる要素となっています。たかが一匹の犬。しかしただの犬だとあなたは思わないでください。ただの老人に見えるが、その老人は卓越した身体能力と聴力を持っていたのと同じように、彼(老人)が飼っていたこの犬もただの犬ではありません。 自分の家に勝手に盗みに入ってきた3人に物凄い迫力で応戦してくる老人と同様に、この猛犬も同じように応戦してきます。

あなたはこの映画を見たら、狭い家の空間の中で老人と猛犬の恐ろしさを存分に味会うことになるでしょう。それは確かに生身の人間ですし、むしろ盲目というハンデを背負っている老人です。現実的に言えば、いくら恐ろしい相手であっても「目が見えない」相手となれば、対抗するのが容易なのではないでしょうか?「目が見えない」という状況はかなりのハンデキャップを背負っていることになるはずです。 しかし、この映画「ドント・ブリーズ」では、そんな常識的理屈はまったく通りません。 元軍人であるこの老人は、目が見えなくとも充分に相手を叩きのめす戦闘技術と肉体をもっています。

見るものを完全に引き込んでいく構成力。

筆者はこの映画「ドント・ブリーズ」は最高のスリラーエンターテイメントだと思っています。この映画にはスリラーやホラーでは不可欠な要素、つまり「密室・閉じこめられる・殺傷・絶対絶命・絶望・恐怖」という要素がすべて含まれています。ひとりの老人と3人の窃盗グループ、そして飼い犬だけで、しかも一軒の家の中だけで、これだけの恐怖を盛りこんで構成されているということはスリラー映画として、素晴らしいことです。収録時間約1時間半くらいの映画がのンストップスリラーであるという意味はここにあります。 確かに細かな突っこみどころは数か所にあるかもしれませんが、それはあなたが気にするような点ではないし、むしろそのような小さな疑問点に違和感を覚えながら映画を見るのはナンセンスです。 それこそ。それらの部分はすべて、この映画の見応えがある演出と描写が完全に吹き飛ばしてくれます。この映画では迫りくる老人の恐怖も恐ろしいですが、この老人の過去にもその悍ましい事実が隠されています。それはよくありがちな単純な事実と展開に一見見えますが、それを更に深く探り、老人がとった行動を知ると、そこには第二の恐ろしさが待っています。 それは恐ろししいと言うよりは悍ましいと言った表現のほうが合っているかもしれません。 やはりこの超人的老人には隠された裏があったということです。 しかし、それも事情を知ってしまうと、必ずしも老人を非難できるものではないかもしれません、そこには人間の悲しい性があり、心情が狂気と化してしまった悲しい老人の姿があります。

スポンサーリンク スポンサーリンク

独創的ストーリーに絡み、裏に潜む老人の秘密。

迫ってくる何者か、逃げても・逃げてもどこまでも追ってくる何者か、過去のホラーやスリラー映画ではこのような展開が定番のようにシーンに含まれていました。この映画でもそれは同じですが、しかし「ドント・ブリーズ」では、それは一味も二味も違います。あなたはどんなに逃げても追ってくると聞いて「ジェイソン」のような殺人鬼とシーンを思い浮かべないでください。それとこれは本質的に違います。 老人は自分の大事なお金と、ある「xxx」を守るために、必死に3人に立ち向かっています。彼には彼なりに守るものがあったのです。それがいいか悪いかは別の話ですが、辛く・苦しい過去を背負って生きてきて正気を失ってしまった彼にはそうするしかない深いわけが..  だから映像では老人は途中からいかにも悪人のように見えますが、彼が悪というのなら、それは彼の裏の秘密の部分の話です。
窃盗犯3人の内の誰とは言いませんが、そのうちの一人は家に侵入し、老人に見つかったときすぐに射殺されてしまいます。老人は完全に家の中の窓やドアにロックをかけ、2人は家から脱出不可能な状態にします。ここから残った2人の壮絶な脱出劇がはじまります。あなたの目にはこの二人はもう悪人には映っていないでしょう。二人は鉄則し力を互いに合わせ、なんとかしてこの家から脱出しようと必死なります。
筆者はこの映画を見て、本当に独創性の高さと映画全体の構成の優秀さがよく分かりました。時間が約1時間半とは言え、この極めてシンプルな登場人物とストーリーの流れ、それは完全視聴者を途中で飽きさせるものではありません。このスリラー映画「ドント・ブリーズ」は正に今現代に蔓延る駄作で時間を無駄にしてしまう「スリラーやホラー映画」に ” 喝を入れてくれる ” 映画です。見る価値大。

「ドント・ブリーズ Don’t Breathe」

 

スポンサーリンク スポンサーリンク