ストレンジャーズ/戦慄の訪問者(原題:The Strangers)評価・レビュー・感想。

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者(原題:The Strangers)評価・レビュー・感想。

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者

謎の人物(訪問者)は何の目的で訪問してくるのか?実話に基づいたホラー映画「ストレンジャーズ 戦慄の訪問者」

[ad#ad-1]

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 (2008年:アメリカ)
監督: ブライアン・ベルティノ 出演:リヴ・タイラー, スコット・スピードマン

ブライアン・ベルティノ リヴ・タイラー ジェームズ・ホイト ジェマ・ワード

 監督
(ブライアン・ベルティノ)

リヴ・タイラー
(クリスティン・マッケイ)
  スコット・スピードマン
(ジェームズ・ホイト)
 ジェマ・ワード
(ドールフェイス)ストレンジャーズ

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者:管理人の評価

3star_big 3star-2

review-170x70誰しも、夜遅い時間帯にいきなり自宅(家やマンション)のドアをノックされたら怖いはず、それが昼間ならともかく、夜となれば怖い。
第一そんな夜遅い時間帯に、訪問者はいること自体不自然であるし、友人や知人であれば前もって連絡があるはず… ドアをノックされた瞬間に「不信人物」と考えるのが自然だ。
この映画は2005年に実際に起きた事件(実話)を基に作られたそうです。予告編動画でかなり大げさにその「怖さ」を強調していたので、それではこの映画「戦慄の訪問者」がどんなに怖い映画なのかと思い見てみました。
友人の結婚式を終え、別荘へと戻ってきたクリスティンとジェームス、しばらくすると突然訪問者がドアをノックする。

これが話が本当に実話であるならば、映画よりも、その事件そのもののほうが怖い。「ストレンジャーズ戦慄の訪問者」

bandicam-2016-10-10-06-44-44-516

その人物はまだ若い女性であり、男でない分、まだ恐怖心は低いかもしれないが… 意味不明なことを訪ねてくる女。聞いたこともない名前を挙げ、「「○○」という人はここにいるか?..」 と聞いてくる。
ジェームスは、無論そんな名の人は知らないし、その別荘には二人以外誰もいないので「そんな人はここにはいないが…」と答える。。。

一旦は引き返す謎の女… 若い女性… 

この映画に出てくる、その謎の不気味な訪問者は一人ではありません。それらの女に加え、「白いマスクを被った不気味な男」。
bandicam-2016-10-10-06-46-55-160

ドアや窓を叩いたり、窓から覗いてきたりとそのジワジワ感はかなりあります、突然襲いかかってきたりとかそんな感じではなく、知らない間に家の中に侵入してきていたり…

もうご存知のとおり、当然この「不可思議な訪問者」は殺意を抱いて二人に迫り来ているわけだが、その理由は最後の最後で明らかになります。それよりもこの映画は、そのほとんどが「この別荘での恐怖シーン」で描かれています。つまり、一連のストーリーは別荘内で完結しており、それ以外のシチュエーションはほとんどありません。

[ad#kiji_midstream]


女性が見たらきっと怖いと思うのでしょうこの映画「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」

見終わって自分が思うこと。おそらくおおくの女性、ホラー映画に対して免疫のない女性であれば、この映画を見たら ”怖い ”と感じるでしょう。単純に。 でも、マスクを被った男の容姿は、典型的なホラー映画に出てくる殺〇鬼だし、マスクを被っていれば、微かに見えるのは ”その男の目 ”と ”口元 ”ぐらいだし、確かに素顔を晒しているより不気味かもしれない。でも正直いってそんな「殺〇鬼の見た目」など、どうでもいいのです(よっぽどズレていなければ) 
むしろ映画冒頭で突然訪問してくる若い女のほうが、普通に見える分よっぽど怖い気もするが…

なにしろ、この映画「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」は、そのタイトルどおり、「恐ろしい訪問者が別荘に密かにやってくる」というものであって、映画の内容そのものも、基本的には、”それ以上でもそれ以下 ”でもありません。
つまり。殺意を抱いた3人の殺〇鬼どもが、別荘にやってくるのは分かったが、それ以外にこの映画で怖さを感じる部分や、ストーリー展開はどんな点にあるのか? そこが重要なので自分の場合。

何の目的と理由があって自分達に危害を加えようとしているのか? 姿をはっきりとは中々見せずに、ジワジワと自分達に確実に迫りくる恐怖。人気の無い別荘で助けと呼ぶにも呼びようがない絶対絶命状況の中。

ジェームスは恐怖に慄きながらも、別荘に置いてあったライフル銃を持って応戦する。別にそこはいいのだが。。。

「少しづつ迫ってくる恐怖と人物」その描写は結構よくできいると思うし、クリスティン(リヴ・タイラー)の叫び声や表情(演技力)もよい。だからその点では、見ているこちらにも恐怖が伝わってくるのは間違いないかもしれないが …. でも散々ホラー映画を見てきているこちらにしては予告編動画で想像するほどの恐怖はないかと思います。 正直いってこの映画「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」は、自分に撮って ”怖さ ” の部分でかなり物足りなかったし、ストーリー展開にしても期待していたものはありませんでした。でもこれは相当個人的意見になるかもしれません。基本、自分はよっぽどのホラー映画でない限り ”怖い ” なんて思わないので..

やはりホラー映画は驚かされたり、部分的な恐怖シーンだけでは物足りないし、怖くもない。このブログでいつも言っているように、例えそれはホラーであってもスリラーであってもサスペンスであっても、映画は映画、自分が共通して拘る部分は 「物語」であり「ストーリー」なんですよ。

「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」
キャスト:

役名 俳優 日本語吹替
クリスティン・マッケイ リヴ・タイラー 林真里花
ジェームズ・ホイト スコット・スピードマン 内田夕夜
ドールフェイス ジェマ・ワード 木下紗華
マン・イン・ザ・マスク キップ・ウィークス
ピンナップガール ローラ・マーゴリス
マイク グレン・ハワートン 中川慶一

スタッフ:
監督・脚本:ブライアン・ベルティノ
製作:ダグ・デイヴィソン、ロイ・リー、ネイサン・カヘイン
製作総指揮:ケリー・コノップ、ジョー・ドレイク、ソニー・マリー、トレヴァー・メイシー、マーク・D・エヴァンズ
撮影:ピーター・ソーヴァ
プロダクションデザイン:ジョン・D・クレッチマー
衣装デザイン:スーザン・カウフマン
編集:ケヴィン・グルタート
音楽:トムアンドアンディ
音楽監修:シーズン・ケント
引用:ウィキペディア

「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」参考動画

 
 

[ad#kiji_botttom]