サイレントヒル リベレーション(原題:Silent Hill: Revelation 3D)評価・レビュー・感想。

サイレントヒル リベレーション(原題:Silent Hill: Revelation 3D)評価・レビュー・感想。

サイレントヒル リベレーション

サイレントヒルの続編「サイレントヒル リベレーション」この映画を見るのを楽しみしていたのだが・・

サイレントヒル リベレーション(原題:Silent Hill: Revelation 3D)カナダ、フランス
監督:マイケル・J・バセット 出演:アデレイド・クレメンス, キット・ハリントン, ショーン・ビーン, キャリー=アン・モス, ラダ・ミッチェル

 

イケル・J・バセット アデレイド・クレメンス キット・ハリントン ショーン・ビーン
監督:
マイケル・J・バセット
アデレイド・クレメンス
(ヘザー・メイソン / アレッサ)
キット・ハリントン
(ヴィンセント・スミス)
ショーン・ビーン
(ハリー・メイソン)

サイレントヒル リベレーション:管理人の評価

1star_big 1star-2

一連の物語は既に前作で完結すべきだったのでは?そのような懸念を残さざるを得ない本作「サイレントヒル リベレーション」

続編に関してはほとんどの映画が失敗するという固定観念から、嫌な予感がしながらも最後まで鑑賞。

結果やはり嫌な予感は的中したようです。相変わらず映画全体のCGやクリーチャーの姿・形などは見ていて楽しいものがあるが、もはやそれまでの映画である。
独創的な世界観、演出、また全体のストーリー展開にしてもやはり前作のほうが大きく上回っているような感じがします。 おそらくそんな方はほとんどいないと思うが、前作「サイレントヒル」をすっ飛ばしてこの「リベレーション」を見てしまったならば、その支離滅裂な物語にまったく感情移入できないままで見終わるに違いありません。かといって前作を見た後に引き続きこの「サイレントヒル リベレーション」を見ても、前作ほどの内容の充実感は感じられないと思います。

 その独特な世界観やCG効果で映画を引き立たせているが、内容(筋書き)がいまいち。監督が代わってしまったせいなのかどうなのか分からないが、筆者は完全に駄目でした。
サイレントヒル リベレーション

物語の点と点がキチンと一本の線で結ばれている前作では、グロテスクなシーンもあり、迫力満点のシーンもありました。それらは物語に完全にマッチしているものであって、だから子供騙しようなクリーチャーも許すことができた。ある程度まとめ上げられたストーリーがあってこそ、クリーチャーのわざとらしい体のクネクネした動きも受けいることができました。

 では今回のこの映画はどうでしょう。前回サイレントヒルという廃墟化した街訪れた 母親のローズとその娘シャロン。その後サイレントヒル内で不思議な現象に遭い、更には様々なクリーチャーから襲われることになる。前作ではこの中に複雑な人間関係も含まれており、その物語と各登場人物の位置関係が明確になっていた。それは本作リベレーションも同じではあるが、やはりこの本作は前作の流れから、そのまま基本的要素を受け継いだだけの内容になっており、なんのエッセンスも加えられていない。これは多くの映画が続編でコケてしまう理由のひとつでもある。

[ad#kiji_midstream]

サイレントヒルは、やはりゲームをやるユーザーとやらないユーザーでは 見方が大きく異なってしまう映画

サイレントヒル リベレーション

コナミのゲームで大ヒットした「サイレントヒル」が原作になっている理由で、話題性に完全に乗っかってしまっている「サイレントヒル」だが、前作ではこのゲームソフトという分野で大ヒットを記録したという恩恵に肖っていながらも、それなりに内容が伴っていたので結果映画もヒットした。のではないか? この「リベレーション」もヒットしたのかもしれないが、とにかくこの「サイレントヒル リベレーション」は内容に纏まりがありません。悪夢や幻想に悩まされるヘザーもいいが、前回から続いている物語としてその悪夢の理由や根源をもっと具体的に表現してもらいたいし、映画の中のヘザーはただの愛想の悪い少女にしか見えません。

ヘザーの脳裏には、過去の思わしき幻想が幾たびにも交差しながら進んでいき、その度心に悲痛な思いと叫びをあげるが… そもそもこの映画はサイレントヒルという場所が舞台になっている映画。未だサイレントヒルという場所にどのような思いが彼女の中に残されているのか、敢えて再びその危険な地に足を運ばせなければいけない理由は何なのか、この映画の本質的意味であるその部分をもっと深く掘り下げ、より深く濃い内容に仕上げたらこの映画はもっと興味深い映画になっただろうと…

そんなこんなで基本的要素が確立されてない本作は前回のように、あちらこちらで登場してくるクリーチャーも生きてこない。第一多少は違っているようだが同じようなクリーチャーが出てきても前作を見たユーザーは散々見て分かっているので新鮮さも感じることができない。あらゆる面で前作の出来栄えからほど遠い本作「サイレント ヒル リベレーション」は非常につまらない映画です。残念無念。

「サイレントヒル リベレーション」トレーラー動画

 

[ad#kiji_botttom]

 

 

サイレントヒル:リベレーション スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2015-06-02)
売り上げランキング: 5,609