サイコパス 地下戦慄 トランクルーム内に恐怖が襲う。密室ホラー映画(原題:The Hoarder )評価・レビュー・感想「闇へ。。」

サイコパス 地下戦慄 トランクルーム内に恐怖が襲う。密室ホラー映画(原題:The Hoarder )評価・レビュー・感想「闇へ。。」

サイコパス 地下戦慄 2015年(アメリカ)

7star_bar
サイコパス 地下戦慄 出演: ミーシャ・バートン,
エミリー・アタック,
アンドリュー・バックリー,
ヴァリーン・ケイン,
ロバート・ネッパ
監督: マット・ウィン

海外の反応: IMDb 
4.5 / ROTTEN TOMATES 15% liked it

 

bandicam-2016-10-28-02-02-47-454 bandicam-2016-10-28-02-05-07-592 bandicam-2016-10-28-02-07-12-605 bandicam-2016-10-28-02-08-56-880
マット・ウィン:監督 ロバート・ネッパ
(ビンス)
ミーシャ・バートン
(エラ)
ヴァリーン・ケイン
(ウィロウ)

トランクルーム内に迫りくる恐怖。閉じ込められた女二人と男達。そのとき地下室でなにが起こったのか?ソリッド シチュエーション スリラー「サイコパス 地下戦慄」

[ad#kiji_top]

review-170x70

 

なんだか暇だから、ちょっとホラー映画でも観よう。。そんな軽い気持ちで見たら、気がつくと最後まで見てしまうホラー映画。「サイコパス 地下戦慄」

「逃げ場なし!出口なし!」 なんだかこの ” ふれこみ ” が自分の大好きな映画「ディセント」を思わせるフレーズで非常に興味が沸きました。 この映画でのシチュエーションはトランクルーム。トランクルームと言えば知らない方はまずいないと思う。。 荷物を預けておくレンタル倉庫のような場所。
あなたは「ぼんやりと他の事を考えながら観ても・・」あるいは「鼻くそをほじくりながら観ても…」 この映画はすんなりと状況とストーリーを把握でき、且つ楽しんで見ることができるホラー映画です。
目の前にあった ” かっぱえびせん ” 一口食べようと思ったら、なぜか止まらなくなった ” あなたはそんな経験ないですか? これは聞くまでもない。そんな経験は100%の人間があるはず。。。

実際筆者も夕飯を食べながら「そうだ先日ツタヤディスカスから届いたレンタルDVDでも見よう・・・」 と、軽い気持ちでこのホラー映画を見始めたら、結局最後まで見てしまいました。

だからこの映画、あなたは隙間時間でとりあえず見ようなどとは思わず、収録時間約85分、しっかりと時間をとって観たほうがいい。

トランクルームという場所は日常的に使う場所ではないが、その空間はもちろん閉ざされた空間であり、当然セキュリティシステムも万全だ。外部からの不信侵入者は一切シャットアウトする完全武装されたその室内。
逆にその中に取り残された場合、同様に ” 脱出不可能 ” な状態に陥る。
この映画でのトランクルームの内部は地下にあります。数々個別に分散された格納部屋、そして薄暗い地下ルーム… この空間には本来..管理者の人間以外は存在するはずもない。いるとすれば、そのときトランクルームを訪れ、偶然居合わせた他の利用者ぐらいのはず。。。

しかし、この閉ざされたトランクルームという空間には、ある不気味な生き物が潜んでいた (それは元々人間なのか、何かの変異した生物なのか、化け物なのか、怪物モンスターなのか…)それは敢えてここでは書きません。これを読みながら、どうぞあなたの頭の中で想像してください。

大まかなあらすじ:

婚約者(彼氏)の浮気を疑うエラ(ミーシャ・バートン)は、その真相を確かめるべく、友人のモリーと共に、彼が借りていたレンタルルームへと向かう。エラは彼の普段書いている日記を見れば、浮気の兆候が探れるのではないかと考えていた。
そこは地下4階…… なにやら只ならぬ気配が迫りくる中、そこに偶然居合わせた ” 他の利用客 ” と遭遇するが… 
そこへ 突然現れる ” 謎の殺人鬼 ”。薄暗いレンタルルームは惨劇の場へと変わる。。

多くのホラー映画の場合、クリーチャー(怪物・モンスター)、殺人鬼、その存在の意味や真意・・それは最終的には明確に表現されている場合が多いが、この映画でははっきりとした真意はあまり掴めません。
もちろん映画プロセスでは、次第に明らかにはなっていくが、そこは大きなポイントにはなっていないように感じます。

レンタル倉庫というシチュエーション、限られた少ない登場人物、思いがけない謎の殺人鬼の出現に、一気にパニック状態に陥る者たち。

このレンタル倉庫という狭い空間の中で、一連の恐怖ストーリーが構成されているこの映画。 敢えて、あれやこれやと、過去の幻想などが交錯し、あらゆるシチュエーションが切り替わり、無駄に凝りすぎ ” 的が外れてしまっているホラー映画 ” よりはずっと面白いのではないでしょうか?

「サイコパス 地下戦慄」トレーラー動画

 
 

[ad#kiji_botttom]