キャビン 映画(原題:The Cabin in the Woods)山小屋Cabinで彼らを待ちうけている恐怖。

キャビン 映画(原題:The Cabin in the Woods)山小屋Cabinで彼らを待ちうけている恐怖。
キャビン(2012年アメリカ)
The Cabin in the Woods
監督:ドリュー・ゴダード
デイナ・ポーク(クリステン・コノリー)
カート・ボーン(クリス・ヘムズワース)
アンナ・ハッチソン(ジュールズ・ローデン)
フラン・クランツ(マーティ・ミカルスキー)
ジェシー・ウィリアムス(ホールデン・マクレア)
監督:ドリュー・ゴダード デイナ・ポーク
(クリステン・コノリー)
カート・ボーン
(クリス・ヘムズワース)
アンナ・ハッチソン
(ジュールズ・ローデン)

大学生の数人の男女は週末の余暇を楽しむために森の奥深くにある古びた小屋(Cabin)へ.. その小屋へ向かう途中、何やら怪しげなガソリンスタンドの老人と出遭い、不可解な話を耳にする。不吉な予感を感じながらも男女は目的地である小屋(Cabin)に到着するが、その小屋の地下室で彼らが見た者は、昔ペイシェンス・バックナー一家が犯してきた罪の数々が記されていた日記だった。小屋内部で次々と起きる恐怖現象に襲われた彼ら。

[ad#kiji_top]

ホラー映画「キャビン」週末余暇を利用して山小屋に向かう数人の若者たち

 これもよくあるパターン、若い大学生くらいの男女が、山奥や人気のない廃墟に、旅行や探検にいくという設定。やはりこのような映画の台本を考えている人は、最初からこのような設定と決めつけているわけでもなく、あれこれ考え、悩んでいると結局こんな定番のホラー設定になってしまうのでしょうか? 別にこのありきたりなお決まりの設定が悪いわけではないが、いつも同じようなパターンが多いので、ふと思ってしまいました。 定番のプロセスでも映画は充分面白くできるし、それがあくまでも基本的な映画の土台の部分であれば、それに面白さを乗っけていけばいい。 重要なのは、その山小屋で何が待ちうけているか?という点である。

 もうここまで聞いて、この物語りは完全に山小屋での恐怖体験がテーマの中心になっているということが分かっているはずです。実際そうです。早い話がここからの展開が重要で、ここいったいどんな謎が隠されているのか、あるいは怪物が出てくるのか、あるいは亡霊が出てくるのか・・ それとも殺人鬼か? そうはいってもこれらの怪物だの殺人鬼だの.. というものは、もうホラー映画でが出てくるの当たり前であり、視聴者もそんなことは映画を見る前からほぼ完全に予測していることです。自分が予測していたとおりにそんな奴らが出てきても、それは驚きもしないし、怖くもない。 だから、ホラー映画の怖さというものは、その殺人鬼の姿形や襲い方ではなく。そこにどんな裏付けが存在し、その奴らが遅いかかってくるのか… このひとつもホラー映画を怖くまた面白くする重要なポイントであり要素です。 視聴者は大学生の男女が夕暮れ時に不気味な山小屋に到着するまでは、いつものホラー映画とまったく同じ感覚で見ています。 大事なのはその後の展開です(こんなこと言うとごく当たり前かもしれないが)

山小屋(キャビン)に向かう途中怪しい老人に出遭う。


一家の怨念をもっと深く掘り下げて内容を濃く・怖くしていかないと怖い映画 「キャビン」にはならない。

 この映画では、ペイシェンス・バックナーとかいう一家が過去に罪を散々犯したらしく、その罪の内容を日々日記に綴っていた、そしてその日記の中には、呪いの呪文のような言葉も書かれていた。 ひとりの女性がこの日記の呪文を声を出して読み上げてしまったことが原因で、森の土の中に埋まっていたペイシェンス一家の男が蘇り、この男女数人グループに危害を加えはじめるが・・ しかし、この映画、すべてッ見終わっってから改めて考えてみると、この後めちゃくちゃに繰り広げられるスプラッターもどきのような場面は、この映画の根底にあるペイシェンス一家の過去の罪という部分が完全に崩れきっています。それはある意味筋道を立てているのだろうが、見ているほうにはさっぱり伝わってきません。 この映画は一応は「ホラー」という位置づけでしょうが、” まったく怖くない ” 映画です。極端に行ってしまうとホラーというよりホラーコメディに近い映画です。 もちろんこれが好きな方も大勢いるかと思うが、自分は駄目でした。映画終盤になって始まる、妖怪や怪物やその他 得たいの知れない怪鳥やらが「ぐっしゃぐっしゃ」になって入り乱れているシーンは、ただのどんちゃん騒ぎにしか見えません。

次々と起こるキャビンでの恐怖体験に怯える若者たち

 古びた山小屋(Cabin)に運悪く行ってしまい、彼らが殺される理由はなんでしょうか? それはぼんやりとは分かりますが、明確ではありません。また追い打ちをかけるように腰が抜けてしまうのは、この森と山小屋での惨劇を外部からハイテク機器を使用して監視している人達がいます。監視というとちょっと表現が違うかもしれませんが、何故その人達は監視しているのかは映画でご確認ください。 映画では怪物(敢えてこう表現します)が散々逃げる若者たちを追いかけくるシーンもあります、これこそホラー映画の定番シーンかもしれませんが、これこそホラー映画の見どころのひとつであり重要な点です、大抵の場合、このようなシーンは手に汗を握り、緊迫した空気でさぞかし映画に没頭できるはずなのですが、このキャビンの場合、そんな大事なシーンも残念ながら、のめりこむことはできません。 この映画は多種多様な妖怪・怪物(モンスター)が出てきます。演出効果だけ考えればそこだけは、出来がいいのかもしれません。しかしそれもこの映画全般を通しては、何の効果も発揮していないように見目ます。それはまるでチェーンが外れてしまった自転車を必死になって漕いでいるようなものです。

世間では割と高評価のこのホラー映画「キャビン Cabin」筆者にはこの映画のどこに高評価のポイントがあるのか分かりませんでした。

[ad#kiji_botttom]

「キャビン Cabin」