トゥルーロマンス 映画(原題:True Romance)評価・レビュー

トゥルーロマンス 映画(原題:True Romance)評価・レビュー

トゥルーロマンス

知人のスゥェーデン人が絶賛していたので思わず見てみたアクションバイオレンス映画トゥルー・ロマンス

1993年 アメリカ映画(アクション・ラブロマンス)
監督:トニー・スコット 出演:クリスチャン・スレイター, パトリシア・アークエット, デニス・ホッパー, バル・キルマー, ゲイリー・オールドマン

 

トニー・スコット クリスチャン・スレーター パトリシア・アークエット
監督:トニー・スコット クラレンス・ウォリー
(クリスチャン・スレーター)

アラバマ・ウトマン
(パトリシア・アークエット)

トゥルー・ロマンス:管理人の評価

8star_big 8star-2

review-170x70

この映画はアクションバイオレンスにラブロマンスを兼ね備えた内容。
「ある夜。映画館で知り合った二人の男女。やがて二人は恋に落ち、偶然にも大量のコカインを手に入れる。。そして二人は愛の逃避行に出る・・・」

簡単に言ってしまうと そんなストーリーだが。。。

まずはじめに。筆者は基本的にホラーやサスペンス、あるいはアクションというジャンルの映画が最も好きでラブロマンスというジャンルはめっきり興味がありません。刺激がある映画でないと見る気がしないからです。ですのでこの「トゥルー・ロマンス」どうしてもラブロマンスという要素は絡んでくるとなんかどうしても・・・という感じが気がして鑑賞する気がいまいち沸きませんでした。
しかしあるときスェーデンにいる知人からこの映画が最高だったとう話を聞き、それならばどんなものかと思い腰を上げてこの「トゥルー・ロマンス」を見たわけです。結果はかなり自分の中でヒットでした。
だから本日は「トゥルー・ロマンス」のご紹介です。

ショットバーで働くクラレンス(クリスチャン・スレーター)。映画がはじまると彼はナンパ師のような…チャラいキャラな役柄に思えるが、物語が進行していくとすぐに分かる。
彼は ” 愛する女を救うために命をかける。” そんな男気溢れる男だということを。

 

bandicam-2016-09-10-02-54-03-909

 

話のはじまりはクラレンスがバーでひとりの美女を口説いていたが、あっさりと断られてしまうことからはじまる。

その夜見るのを楽しみにしていた映画をひとりで見る羽目になった彼。その映画というのも千葉真一が出演しているアクション映画だ。

ポップコーンを食べながら熱心にカンフー映画を見入るクラレンス。

そこに後からはいってきたひとりの女。それがアラバマ・ウィットマン (パトリシア・アークエット)。

この映画での彼女(アラバマ)の役柄は決して上品な感じの役柄ではなく むしろ気の強い 派手で イケイケな感じの女。

ガラガラの館内、アラバマは中に入るとすぐにクラレンスに気づき、偶然を装い彼に近づく。わざとクラレンスの前にポップコーンをぶちまけて…

映画を見終わったふたりは、パイを食べにとあるカフェへ…

ここからふたりの親密な仲になっていく。

bandicam-2016-09-10-02-53-16-007

 

アラバマの素性を知ったクラレンスは悪へと立ち向かう。

 

彼女(アラバマ)は実はコールガールだった。。彼女は売春組織グループのあるヒモ男にしばられ強引にコールガールという仕事をさせられていた。金のために自らが好きでコールガールになる女も多いが、このアラバマは違う。

なんとかこのヒモ男から逃れ、この生活から抜け出したいという思いをクラレンスに告げるが…
この事実を知ったクラレンスは愛するアラバマを助けるために、相手のヒモ男のところへとたったひとりで乗り込んでいく。

いっそのことそのヒモ男をぶっ殺さないと話は解決しない、でもそんなことをしたら一生ムショ暮らしだと。でも愛する女のためにはそうするしかない。

クラレンスは足首に拳銃を纏い勇敢にのヒモ男のいるアジトへと乗り込んでいきます。

 

いや、なによりもこのひとりで相手のアジトへと乗り込んでいったシーンがカッコいいです。

言い争いの後、最後には隠ししていた拳銃を取り出し、男をぶっ放す それも何発もの銃弾を男の体に浴びせて..

「アラバマの服をよこせ」

そこいた数人の女に銃口を向け、強引にアラバマの服が入っているスーツケース奪い返したクラレンスだったが、実はその中身は大量のコカインだった。

ここでひとつ。映画といのは往々にして基本となる筋書きに結び付けるために、どこか内容に強引な部分があるものだが、この映画もこの部分がそれのような気がします。

アラバマをこのヒモ男から引き放すために殴り込みをかけるのは充分分かるが、なんでそこまでアラバマの洋服に拘る?という点。

命がけで取り返すほどのものでもないだろうに・・・ そう思うが。でもそれが映画。この映画のポイントはスーツケースに入っていたコカインが最大ポイントであり、それがなければ始まらない。

ここがちょっと突っ込みどころになってしまうが、そんなことを考えてもナンセンスというもの。

ここからが二人の愛の逃避行がはじまっていくのです。

ここから先は書かないが..

20年以上の前の映画なので、クリスチャン・レーターはかなり若いが喋り方と声がカッコいいと思います。今はだいぶ雰囲気は変わってしまったが。

筆者個人的に 知人のスゥェーデン人がいなければ完全にスルーしていたであろうこの「トゥルーロマンス」

半信半疑に見てみたら最高に面白い映画でした。これは超おすすめ。

 
トゥルー・ロマンス ディレクターズカット版 ブルーレイ(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-12-13)
売り上げランキング: 6,045
トゥルー・ロマンス ディレクターズカット版 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-07-17)
売り上げランキング: 8,890

この映画「トゥルー・ロマンス」はHuluでも視聴できます
紹介している作品は、2016年9月10日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu の公式ホームページにてご確認ください。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!